安いは正義!パケット節約の決定版!?話題のイオンSIMを契約してきました!

スマートフォンを初めて使い始めた人は、意外なほど高額請求された覚えはないでしょうか?はじめからパケット定額上限まで使うつもりなら問題ないのですが、ちょっとスマホに興味がある、いつもメール程度しか使わない、ちょっとウェブ検索する程度の使用の人は2段階定額にしている人が多いと思います。通話もほとんどしないのにガラケーに比べて格段に月額料金が高くなって驚くことでしょう。そこで昨年登場した月額980円のパケット定額プラン、イオン限定販売bmobile SIM(イオンSIM)を契約してきました。

イオンSIMとは
イオンSIMはb-mobileがイオン限定で販売しているのSIMカードのことでです。ドコモのスマートフォンやSIMフリーのスマートフォンでつかうことができます。特にb-mobile SIM プラン・Aはデータ通信専門のカードで、最大100kbpsで低速ながらデータ通信使い放題なのに月額980円のかなり安いサービスです。Mbpsクラスの通信が当たり前の今となっては低速の通信速度ですが、月額が定額ということもあり普通にスマートフォンでパケット定額サービスを利用するより、月々の通信料金を抑えることができます。最近ではデータ通信だけではなく通話もできるプランも用意されているようです。3Gのパケット定額が5000円程かかるのが1000円以下にまで抑えられるのはうれしいところです。詳しくは下記参照。

イオンSIM(月額980円)、音声通話可能なプランもあります | b-mobile SIM

対象端末
基本的にはドコモのスマホ、SIMフリースマホ・タブレット・モバイルルーター、3G対応PCが対象です。一覧に無くてもW-CDMA対応のSIMフリーでAPNが設定可能な端末は使えるようです。使い古したXperiaでも使うことができます。iPhone3Gでも使えます。詳しくは下記参照。

動作確認端末一覧

メリット

  • 低価格月額980円でパケット使い放題(直近3日間に360MB、1ヶ月1.2GB以上だと通信制限の可能性あり)
  • 1年縛りや2年縛りが無い(いつでも解約できる)

やっぱり、980円/月の定額でデータ通信が可能なところです。ドコモのFOMAエリアが活用できるのでエリア範囲も安心できます。欲しい最大速度に応じて料金プランを選べるところもいいところ。100kbpsが遅すぎて駄目なら400kbpsで2,980円のプランやMbpsクラスの通信速度で4,980円のプランもあります。最近では音声通話付きプランも登場してきたので通信と電話を一つにしたい場合にも対応しています。

デメリット

  • 通信速度が最大100kbps
  • 端末購入割引が無し
  • SMSは使用不可

通信速度がやっぱりデメリットです。YouTubeなどの動画サイトは視聴できないと思った方がいいです。動画が再生されるまで10分位待つことができて、ちょくちょく止まってまた再生してを繰り返す待ち時間に我慢できるなら大丈夫ですが。。。アプリのダウンロードも気長に待つ必要があります。サイトを開くのもだいぶ遅いのでちょっと我慢が必要です。メールやTwitterなどのテキストベースサービスやならストレス無く使うことができます。

端末購入割引が無い
家電量販店やドコモショップで新規契約や機種変するのとは違いケータイ端末は含まれません。月々サポートもありません。ケータイ端末は自分で準備する必要があります。ドコモの中古白ロムや海外製SIMフリーケータイ端末を持っている必要があります。ヤフオクや中古ショップ、通販などでケータイ端末を準備しましょう。ケータイ端末代金を月賦払いをしている人は価格の高さにびっくりするかもしれません。でも月賦払いも合わせると同じくらいの金額になります。最初の初期投資がちょっと大きな壁になります。

こんな人にオススメ
スマホはパケット通信を切らない限りバックグラウンドで定期的に通信しています。その通信料がカウントされあっという間にパケット定額の上限に届きます。それじゃパケット通信しなければいいじゃないかと思いますが、通話だけなら今までのケータイですみます。iPhoneやAndroid共にバックグラウンド通信しています。iPhoneだからいいとかAndroidだからいいといったことはありません。最近ではスマホだけじゃなくPCやタブレットなど他のWi-Fi対応機器もインターネットにつなげたいと思う人も多くWi-Fiルーターも人気になっています。iPhoneやAndroidスマホのパケット通信を切ってWi-Fiだけでインターネット通信するのもいいと思います。しかし、ガラケーのように送られたメールはすぐに読みたい場合はWi-FIルーター経由ではWi-FiルーターをONにさせ続ける必要があるのでWi-Fiルーターのバッテリーが持ちません。スマホを使いたくて低価格のデータ定額でメールを中心に使う人には特にオススメできます。

契約準備

  • 契約時に必要なものは下記です。
  • 身分証明書
  • クレジットカード
  • 契約事務手数料3,150円

普通の携帯と同じように身分証明書が必須です。プリペイドではないので毎月請求されます。支払いはクレジットカードのみです。契約事務手数料3,150円は店頭で支払う必要があります。(カードで支払えるかは不明)私の場合商品券で支払うことができました。締め日は契約した日から数えて一ヶ月です。2/13に契約したら3/12が一ヶ月とカウントされます。詳細は下記参照。

契約方法
契約はイオン限定ですが店舗は限られます。最寄りのイオンを探しましょう。

次は売っている場所です。たいていはイオン店舗内の携帯電話コーナーで取り扱っています。わからない場合は問い合わせましょう。

魅力的な商品ですがイオンでは全面に押して販売しているわけでは無いようです。手続きが開始されればおよそ30分程で契約完了です。SIMカードを受け取りましょう。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType