Fire TV 4Kがミラーリングに対応したので実際に試してみた

Fire TV 4Kでミラーリングが使えなくて困っていた方!朗報です!

OSアップデートで、ついにFire TV 4Kがミラーリングに対応しました。

そこで今回は、ミラーリングに対応したFire TV 4Kで実際にWindows, Android, Mac, iPhone, iPadでミラーリングを試していきます。

最新のOSからミラーリングに対応

Fire TV 4Kの最新(2019/04/09)OS6.2.6.3からミラーリングに対応しました。通常自動でアップデートされるので、いつの間にかアップデートされていると思います。

私の場合、アップデートをする前に自動でアップデートされていて、ミラーリングが使えるようになっていました。

ソフトウェアのバージョンは「設定」から確認することができます。

もし、最新版になっていない場合は「アップデートをチェック」すると良いでしょう。

Fire TV 第3世代は未対応

まだ、Fire TV 第3世代には未対応のようです。私はFire TV 第3世代を持っていないので確認できないですが、ネットの情報だと未対応のようです。

ただし、今後のアップデートでミラーリングに対応することも十分考えられるので、Fire TV 第3世代でミラーリングを使用したい人は待ちましょう。

標準ミラーリングではなく、アプリでミラーリングを使用することができるので、下記記事を参考にしてください。

対応している機器

標準のミラーリングは「Miracast」に対応している必要があります。

具体的にはWindows 10、Android (機種に依存)に対応しています。

また、Mac, iPhone, iPadには非対応のようです。

Mac, iPhoneでミラーリングを使用したい時はアプリを使って使用してください。

Windows10からFire TV 4Kへミラーリング

まずは、Fire TV 4Kでホームボタンを長押しします。あとは「ミラーリング」を選択します。

そうすると、Fire TV 4Kはミラーリング待ち状態になります。

Windows PCからは「設定」→「ディスプレイ」→「ワイヤレスディスプレイ」を選択します。

次は、サイドバーから「Fire TV 4K」を選択します。

この名前は人によって様々なので、自分の環境に沿ったマナエのデバイスを選択してください。

これでミラーリングが始まります。

停止する時は、Fire TVのリモコンで戻るボタンを押せば戻れます。

AndroidからFire TV 4Kへミラーリングする

Fire TV側はホームボタン長押しから「ミラーリング」を選択します。

Android端末からは「Screen Mirroring」を選択します。(Galaxy Note3の場合)

機種によっては名称が違う場合があります。

ミラーリングとかスクリーンシェアとかそんな感じの名前を選択します。

接続先が表示されます。ここから「Fire TV 4K」を選択します。

接続が完了するまで待ちます。

接続が完了すると、このようにミラーリングが始まります。

接続を終了するには、スマホ側からもできます。先程の「Screen Mirroring」をタッチします。

接続の切断画面が表示されます。ここで「OK」をタッチすると接続が完了します。

MacやiPhone, iPadからFire TV 4Kへミラーリング

標準機能では、これらの機器にミラーリングをすることができません。

しかし、アプリを使用することでミラーリングが可能になります。

下記記事を参考にしてください。

まとめ

OSのアップデートで標準機能でミラーリングが可能になりました。

ミラーリングがネックでFire TVを買えなかった人には朗報なのではないでしょうか?

でもアプリを使えば、ほとんどの機器でミラーリングが使えるようになります。

これを機に購入してみてはいかがでしょうか?

さくらじま
さくらじま

ミラーリングが使えなくて諦めてたけど、これで今まで通りミラーリングが使えて便利になりましたね。