iPhone3Gのクロームベゼルを磨きヘアライン加工を施してみました

最近めっきり出番が少なくなったiPhone 3G。iPhoneとしては使いづらいけどiPod touchとしてはまだまだ現役です。しかし、やはりクロームベゼルのキズや指紋の跡が気になります。そして簡単には消すことができません。ついこの間iPhone 3Gのクロームベゼルを磨いてヘアライン加工を施す記事があったので早速私もトライしてみました。低コストで意外と簡単にできます。しかも仕上がりも悪くない出来です。

参考記事
下記記事が大変参考になりました。
【DIY】キズだらけのiPhone 3G・3GSのクロームベゼルをヘアライン調にリフレッシュする方法 – Touch Lab – タッチ ラボ

作業手順

まずは道具を揃えました。

磨き用のスポンジ。3M社のスコッチ・ブライトホームセンターやスーパーで数百円くらい。

マスキング用のビニールテープ。100円ショップでもいいと思ったけどホームセンターでも100円くらい。

マスキングテープカット用のカッター。普通のカッターより繊細にカットしたいので、細工用のナイフを用意。特に角は丸くなっているのでカットしずらいと予想していたのでこっちにしました。

クロームベゼル以外はマスキングします。ぐるっとクロームベゼル以外は巻いてしまいましょう。

画面側の額縁に少しだけあるクロームベゼルも磨くので、こちらもぐるっとマスクします。

画面側の額縁に沿ってカッティング。角のカットはうまくいきました。

まぁ、初めてのカッティングとしては上出来かな。若干バリっぽいのがありますが問題ないでしょう。

ボリュームボタンの部分のテープもカットします。刃先が細ければ簡単にカットできます。

あとはスポンジで額縁に沿って磨きます。私の場合キズがひどかったので70~80回くらい磨きました。

右が磨いていないiPhone 3GS。左が磨いたiPhone 3Gです。ヘアライン加工でキズや指紋が目立たなくなりました。これはやってよかった。作業時間は20分くらい。難しいと思っていたけど意外とラクでした。保証対象外な方法なので気軽には出来ないけど、もう保証が切れたiPhoneならトライしてみてもいいかもね。

使用ツール


スコッチ・ブライト


絶縁ビニールテープ


OLFA アートナイフ 10B

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType