写真とGPSは相性バツグン!サイバーショットDSC-HX5VのGPS機能をレビュー




以前からから狙っていたソニー製コンデジ サイバーショットDSC-HX5Vを買い増ししたので使用感をご紹介したいと思います。
発売日は2010/3/5なので半年待ちました。
簡単に私が注目している特徴的な機能は

DSC-HX5Vの特徴

  • GPS搭載
  • スイングパノラマ機能
  • フルHD動画撮影対応(しかもビデオカメラ並の手ブレ防止)
  • SD/SDHC/SDXC/メモリースティック対応
  • HDR機能
  • 光学10倍

写真とGPSは相性がバツグン!

私はiPhone3GSを使っていて、写真を撮るとジオタグと呼ばれるGSP情報が記録されます。iPhoneやPCのPicasaのGoogleマップと連動して写真をとった場所と地図の連携します。場所を記録するだけでも地図と組み合わせると思った以上に楽しくなります。何となく撮った写真でも、この場所でこんな写真を撮ったなぁと懐かしくなって捨てられなくなっちゃいます。ジオタグ機能付きコンデジがとても欲しかったのですが、搭載されているのは値段の高いハイエンドコンデジだけでした。最近では値段も安くなり手が出るようになったので思い切って購入してみました。

GPSはこれからのトレンドになるの?!

これからのトレンドになっていくのか?最近はGPS対応のデジカメが作られるようになってきました。カシオでは今後GPS対応コンデジを増やしていきたいそうです。

「将来的にはすべてのカメラにGPSの位置情報が入るのが、あるべき姿だと思う。またインターネットとの親和性は大事。現在は研究中ですが、将来的にはそういった製品も出していきたい」
【photokina 2010】GPS搭載デジカメも発表! カシオ、2010年テーマは「写真革命」 | 家電 | マイコミジャーナル


GPSアシストは必須

さて、ここからがソニーDSC-HX5VのGPSのお話。まずはGPSの受信にどのくらいの時間がかかるのが調べてみました。PSPにGPSを付けて地図ソフトと連動させた場合、受信するまで何分もかかるのでイライラした覚えがあります。ソニーDSC-HX5Vはどうでしょうか?

GPSの情報を取得まで、晴れだと最速で4秒、曇天だともっとかかって20秒程。ただし、GPSアシスト有効にした状態です。まぁこのくらいだったら待てます。GPSアシストが無いと、忘れた頃に受信します。これでは使い物にならないのでGPSアシストは必須になるようです。

GPSアシストを有効化

GPSアシストファイルはソニーから提供されています。通常、ソニーが提供しているソフトPMB(Picture Motion Browser)を使ってアシストデータをダウンロードするのですがソフトをインストールしなくてもアシストファイルをダウンロードすることができます。

下記アドレスからダウンロードします。

  • http://control.d-imaging.sony.co.jp/GPS/assistme.dat

ダウンロードしたファイルをSDカードやメモリースティックにコピーします。
場所は下記(フォルダが無い場合は作ってください)

  • メモリーカード/PRIVATE/SONY/GPS/assistme.dat

メモリーカードをDSC-HX5Vに挿して電源を入れます。
設定からGPSアシストを有効にします。
メモリーカードから本体にGPSアシストファイルが自動コピーされてGPSアシストが有効になります。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType