Apple公式iPhoneキャンペーン期間 ギリギリバッテリー交換

2019年3月21日

2018年末まで実施されていた低価格バッテリー交換キャンペーンは申し込めましたか?

お得に純正バッテリー交換サービスに出せるということで、申し込んだ人も多かったとと思います。私もお得にバッテリー交換をすべく期限ギリギリに申し込みました。

しかし、思った以上にバッテリー交換は困難の連続でした。今回は私がiPhoneのバッテリー交換に申し込んで帰ってくるまでの予想外の困難を紹介します。

バッテリー交換の申し込み方法

おおまかに2種類。

  • 店頭にiPhoneを持ち込みバッテリー交換
  • iPhoneを郵送で送ってバッテリー交換

どちらとも事前に予約が必要です。
店頭でバッテリー交換待ちが起こらないように配慮されています。
店頭持ち込みだと、足を運ばないといけないですが、その場でバッテリーを交換してくれるので日帰りでバッテリー交換が完了します。

対して、郵送だと最低1周間程度手元にiPhoneが残りません。代替機を用意するかスマホが無い生活を1週間我慢するしかないのが郵送の特徴です。

店頭持ち込みは予約がいっぱい

期限ギリギリなので私もバッテリー交換を申し込もうとしたところ。。。
店頭での申込できる予約枠が一杯で全然予約がとれません!
Appleストアだけでなく、公式で修理をしてくれるショップでも予約が取れない状況です。
こんなに予約がいっぱいになるなんて予想外でしたよ。

私の見込みが甘かった。。。

一日でバッテリー交換ができる「持ち込みバッテリー交換」は諦めることにしました。
やっぱりこういうことは早めに動いた方がいいよね。

WEBから申し込み

仕方がないので、郵送でバッテリー交換に出すことに。

Appleストアから申し込みます。サポートから入ってiPhoneの製造番号?を入力して、クレジットカード番号やiCloud IDを入力して、住所入力して、意外と入力項目が多くてウンザリしてきます。

Amazonで買い物するときは、あらかじめ名前や連絡先は登録してあるので、ポチるだけでいいので面倒が無いですが、Appleの申込みは入力が面倒です。

iCloudに登録している個人情報を活用してくれよ!と本気で思います。

エラーで申し込みできない

いよいよバッテリー交換に申し込み!というところで、まさかの。。。

入力エラー発生!

住所が無効とか意味がわかりません。
手順を最初から繰り返してみてもエラーは変わらず。全く申し込みできないまま1時間経過して悟りをひらきました。

だめだこりゃ

電話でサポートに連絡

どうにもならなくなったので、電話サポートに電話を掛けることに。
WEBページの意味不明な時間の浪費にイライラ気味でしたが、顧客満足度の高いカスタマーサポートの方はなだめつつもこちらの状況を聞いてくれました。
アップルのカスタマーサポートは対応がすごい
ちゃんと親身に聞いてくれるし、ちゃんと対応してくれるので、頼りになります。

今度は前進できるよね!

オペレーターの人に指示されながらWEBページから申し込んだら住所の入力でエラーが出なくなりました。何が原因かよくわかりません。住所を一つ一つ入れずに入力候補から選択して入力したのが悪かったのかも?とにかくすべて手打ちで入力したらOKでした。

今度はクレジットカード番号が有効にならない

最後に支払い方法でクレジットカード番号を入力するところでエラー発生です。

なんと、カードが無効なんだと!

同じクレジットカードで直前にAmazonでポチったばっかりだし、限度額は十分足りてるし、停止処置もしていないし、使えるカードになっているのに、無効な意味がわかりません。

オペレーターさんも「ん~~なんででしょうね?」と困惑気味。

クレジット番号を口頭で求められる

この後びっくりしたのが、全てオペレーターさんが入力して、クレジットカード番号までオペレーターさんが入力してみることになったのですが、「クレジットカード番号を教えてください」と言ってきました。

いやいやいや、さすがにカード番号を口頭で言うのは抵抗がありますよ。
セキュリティー的に問題ないんでしたっけ?いや、技術的に問題なくても精神的に問題あります。

口頭で伝えるのは無理ですよ

しぶしぶ代引き支払いに

クレジットカード番号を口頭で言うのを嫌って、クレジットカード支払いを諦めました。代わりに「代引き支払い」を選択することに。

現金をクロネコヤマトの配達員に支払う必要があります。あまり現金を持ち歩きたがらない私にとって、不穏にながらこの選択しかありません。
(楽天のポイント付かないからやだな)

これでやっと申し込みが完了。クロネコヤマトの引取り時間を決めて引取日にiPhoneを渡すだけです。あらかじめスマホケース、画面フィルム、本体の初期化はしておきましょう。

あとはクロネコヤマトの配達員に本体を渡すだけです。
本当に「ほいっ」っとスマホを渡すだけなので、梱包しなくて大丈夫?と心配になっちゃいます。車の中で梱包してくれるのかな?

戻ってこない

「最低1週間以上はかかりますよ」とカスタマーサポートに言われて3週間経った頃にちょっと心配になってしまいました。既に2019年に入り2週間くらい経っているのに全く連絡がありません。っていうか本当にAppleに届いてるの?それすら心配になってきます。

ここはいっちょ確認してみなくては!

再度サポートに確認

「あの~~修理依頼していたiPhoneはいつ戻ってきますか?」担当直入にアップルサポートに電話してみました。
どうやら、バッテリー交換がすごく混んでるみたいで遅れているとの返事。
送ったiPhoneはAppleに届いていていることは確認できるものの、
今、どんな状況になっているか、どれくらい待ちになっているかはサポートではわからないようです。

ただバッテリー交換は始まってないようで、始まるとiCloud宛にメールが届くみたい。
一つ心配がなくなりました。

しかし、いつになったら戻ってくるのだろう?

やっと戻ってきた

IMG 2599 500

1月も終わりになった頃、やっとiCloud宛にバッテリー交換修理開始のメールが到着!やっとか!っと思ったら直ぐに手元に戻ってきました。

バッテリー修理と返送は早いみたいね。超速返送でしたよ

バッテリー交換待ちのところだけ時間がかかっているだけで、あとはすんなり進んだみたいです。手続きが早くて助かるよ。やっぱりAppleだよね。

結局どれだけの手間と時間がかかったのか

結局のところ申し込みから手元に戻ってくるまでおよそ1ヶ月半くらいでした。
私の場合、iPhone8Plusを普段使いにしていて、古いiPhone6をバッテリー交換に出したので代替機が必要無い状態でした、代替機が無い状態だと1ヶ月半もスマホが無い生活を考えると、完全にスマホ依存症な私にとっては苦痛でしかありません。ほんと、予備機というかもう一台持っててよかったよ。

まとめ

今回のiPhone低価格バッテリー交換キャンペーンでわかったとこは

  • アップルのブラウザ入力は一文字一文字しっかりと手入力すべし
  • キャンペーンはギリギリに申し込むと駆け込みで混む。早めに対応すべし
  • アップルのカスタマーサポートは丁寧!困ったらサポートに電話すべし
  • 代替機は事前に準備すべし

混むと予想していたのに早めに手を打たなかったのは失敗でした。

関連製品

バッテリー交換は出来れば店頭でその場で交換しておきたいですね。とはいってもバッテリーが無くなると困るのでなんだかんだでモバイルバッテリーは必須です。iPhone 3Gの時から10年以上スマホを使っているのに、またモバイルバッテリーが手放せませんね。