せっかくだから!docomo P-01Dをrootのままアップデートする方法

あまり気にしていなかったのですが、docomo P-01Dアップデートが配信されていたんですね。自動更新設定になっていたらしく再起動してもアップデートの通知バー表示が消えてくれません。アップデートしてしまうと、せっかくroot取得したのにunrootになってしまうのが心配です。そこでrootを取得した状態でP-01Dをアップデートする方法を紹介します。

他のP-01Dの使いこなしエントリー

準備

root取得の状態でアップデートを適用させるには一度unrootにする必要があるようです。下記アプリは一時的にunrootにすることができます。アップデート後に同アプリでrootを有効にするだけでアップデート後にroot取得が完了します。

OTA RootKeeper
特徴:root取得を一時的に有効無効を切り替えることができる
価格:無料

 

 

操作手順

IMG_1330

アプリを起動して「Backup root」をタップします。

IMG_1331

次に「Temp un-root(keeps backup)」をタップします。

IMG_1332

「Restore root」が表示されれば一時的にun-rootが完了です。この後はシステムのアップデートを実行します。なが〜〜〜いアップデート処理が終わればもう一度このアプリを立ち上げて「Restore root」をタップすればrootのままのシステムアップデートが完了です。

システムアップデートを無効にする

Android 4.0へのアップデートが予定されていないP-01Dはアップデートの魅力があまりありません。今後こんなアップデート通知が来ることも予想されるのでアップデート通知は無効にしておきましょう。

メニューから下記順にタップしていきます。

  1. 「端末情報」
  2. 「ソフトウェア更新」
  3. 「ソフトウェア更新設定の変更」
  4. 「自動で更新を行わない」

他のP-01Dの記事

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType