注目製品

やっと日本で本気で売り始めたkindleシリーズ。去年の9月頃にKindle Fireが発表になってからずっと心待ちにしていたんですが、格安タブレットの登場でその魅力が半減してしまいました。しかしKindle Paperwhiteは読書好きにはとても楽しい端末です。なんといってもバッテリーの持続時間が圧倒的!iPadもかなりの長時間バッテリーだったんですがせいぜい数時間。kindle paperwhiteは数週間持ちます。これならタブレット、スマートフォン端末にありがちな充電忘れも怖くないですね。読書向けに作られているので文字は綺麗です。バックライトをギンギンに点灯させている液晶とは違って目が疲れにくいのもいいですね。しばらくはiPadのkindleアプリで楽しみながらKindle Paperwhiteが届くのを待つことにしました。

Amazon.co.jp
発売: 2012-11-19
価格: ¥ 7,980 通常配送無料


Android, ケータイ, ドコモ

docomo GALAXY NEXUS SC-04DのAndroid 4.1のアップデートがつい先日公式に配信が開始されました。しかし、ほとんど同時期にグローバル版GALAXY NEXUSではAndroid 4.2のアップデートが開始されましたが痛いバグが見つかりました。一応、私もAndroid 4.2にアップデートをしましたがバグフィックス版がアップデートされてから本気で使おうと思っていました。気づいたら既にAndroid 4.2.1のアップデートが開始されていたので手持ちのdocomo GALAXY NEXUS SC-04DにAndroid 4.2.1を導入してみました。その手順を紹介します。

注目アイテム

スマホに必須のmicroSDHC。SDHC規格で最大容量の32GBが既に1,500円以下で買えるようになっているようです。SDHCカードより圧倒的に早く値下がりしていますね。やっぱりスマホの影響でしょうか。今のスマホは既にフルHD動画撮影対応のものがほとんど。32GBあれば十分です。仮に足りなくてもこの価格なら2枚3枚買っても大きな出費にはなりませんね。アダプタを使ってデジカメで使うのも手です。この製品ならアダプタも付いてるのでお得ですね。

レビュー

常にお世話になりっぱなしのAmazonと家電量販店ですが、使い分けができてしまったのでまとめておきます。ヤマダでAmazon Kindleを取り扱わなかったり、家電量販店はネット通販の為の展示場のような事を言われたりしていますが、それぞれ良いところも悪いところもあります。消費者としてはうまく両者を使い分けていくのがいいのではないかと思います。

注目製品

あのデジカメで撮った写真や動画を自動でパソコンに読み込んでくれるEye-Fi Proがより高速のClass 10、最大容量16GBの製品が登場しています。もちろん今まで通り、802.11n対応、アドホック接続対応、RAW 対応、写真の転送が完了した後、自動的に画像を削除機能、公衆無線 LAN対応、ジオタグ対応、Flickr、Facebook、Picasa、MobileMe、YouTube対応、自動で整理機能等の機能はそのままです。これなら動画を撮っても容量不足ということは、なくなりそうですね。私の場合普段はスマホで写真撮影。ズームが欲しい場合はコンデジで撮影していますが、今となってはSDカードからPCに移すのが面倒なんですよね。スマホのような自動アップロード機能があれば楽ちんなんです。このカードがあればスマホのように自動アップロードと自動消去もしてくれるのでズーム重視のコンデジや一眼ユーザーは重宝するはずです。今までの8GBでは動画を撮るには不足だったので正直やっと16GBがきたかという思いです。これならフルHD動画撮影が標準となったデジカメでも十分実用に耐えられそうですね!

 

Eye-Fi Japan
発売: 2012-11-14
価格: ¥ 8,690 通常配送無料

Android, au, ケータイ

以前手に入れたau GALAXY SII WiMAX ISW11SC(Android 2.3)をroot化しました。その後Android 4.0のアップデートが始まったのでアップデートしようと試みたんですが、OTAアップデートではエラーがでてしまってアップデートできませんでした。その後ほったらかしだったんですが、意外な方法で簡単にアップデートできました。

注目アイテム, 注目製品

先日買ったWii Uとマリオですが、Amazonのレビューでは「目新しさが無い」など評価は高くないようです。確かにグラフィックはかなり良くなっていますがマリオWiiのステージの作り直し感は否めません。しかし新要素がおもしろい!もちろんGame Padを使ったバディプレイ!Game Padをタッチして足場を作って協力してクリアしていくのが正当な遊び方ですが、うちの中では妨害プレイが流行っています。流れとしては、プレイ中に子供が早々に戦線離脱(残機を使い尽くす)→ボタンを押してパフパフ鳴らす→飽きる→Gama Padでタッチしまくる→進行方向の妨害。この進行方向の妨害のセンスがすばらしいんです!例えば大ジャンプが必要なところで天井に足場を作る→ぶつかる→急降下→残数減。ダッシュ→ジャンプタイミングのところに、良い感じに足場を作る→ぶつかる→急降下→残数減。この難易度の高さが、とてもおもしろい!ぜひこの妨害プレイを味わってもらいたい!ステージ内容がマンネリなマリオUが格段におもしろくなります。

任天堂
発売: 2012-12-08
価格: ¥ 4,890 通常配送無料


ケータイ, ドコモ

先日docomo HW-01Dを契約してゲットしてきました。この機種はキッズ向けのケータイです。通常は登録された相手にしか電話できない代わりに料金を安く設定できるというものです。しかも3歳〜12歳までの子供がいれば今年いっぱいまでの間に契約すると、はじめの6ヶ月は月額0円。その後30ヶ月間は月額390円とかなり安い月額設定になっています。

しかし、登録された電話番号にしか電話出来ないのは不便ですよね。そこで、この月額を維持したまま普通の携帯電話と同じように使える方法を紹介します。

注目アイテム

先日Wii Uを買いましたよ。地方なので特に熾烈な争奪戦があるわけでも無く普通に買えました。やっぱりマリオは鉄板ですね。おもしろい!ところでWii Uで気になったのが同梱内容です。本体、Game Pad、ACアダプタ(本体用)、ACアダプタ(Game Pad用)、HDMIケーブルなどなど入っているんですがWiiリモコンやセンサーバーが入っていません。確かにWii Uのゲームを遊ぶには必要無いかもしれませんが、Wiiのゲームを遊ぶ時や多人数でプレイするには不便です。Wiiの同梱品だったセンサーバーやWiiリモコンが無いとWiiを売却することもできません。(査定額が大幅減)そこでお得なセットがあります。「Wiiリモコンプラス追加パック」です。この中にはWiiリモコン、センサーバー、ヌンチャクコントローラーがセットになっていてそれぞれ単品で揃えるより2,000円くらい安く買えます。同じようにコントローラーやセンサーバーを安く買いたいと思っている人も多いようで、先日よりもすこしずつ価格が高騰しているようです。Wii Uを買おうと思っている人は早めにゲットしておく方がいいでしょう。

任天堂
発売: 2012-12-08
価格: ¥ 4,527 通常配送無料

デジタルガジェット

IMG_1153

先日、修理に出していた一眼レフカメラのレンズが返ってきました。レンズ保護フィルターの「割れ」と「取り外し」だけの予定だったのですが、いろいろ壊れていたようでちょっと高めだったけど思い切って全て治してもらいました。しかし、レンズを受け取った際に渡される「修理明細書」は明細書と呼べる程明細になってなくびっくりしたのでさらしてみようと思います。