広告から学ぶ魅力的な文章のフレームワーク

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「広告に使われている各要素の目的と定義」を抜粋しました。広告一つとっても分解してみると、おもしろいことがいろいろとわかりますね。広告業界では当たり前なのかもしれないけど、私自身は業界人ではないので、かなりおもしろい構造と定義でした。プレゼンや技術資料などこの考え方を取り入れたら、作るほうや聞くほうも面白くてわかりやすくなるかも。


広告に使われている各要素の目的と定義

キャッチコピー

読者の注意を引き、リードへと導く。

リード

更なる情報を提供し、キャッチコピーに説明を加える。

写真・図版

読者の注意を引き、商品をより鮮明に提示する。

キャプション

写真や図版を説明する。重要な要素であり、読者もここはたいてい読む。

コピー

商品やサービスに関する主な販売メッセージを伝える。

小見出し

コピーを細分化し、威圧感を弱める。

口ゴ

商晶を販売する企業の名称を示す。

価格

商品やサービスがいくらするかを読者に知らせる。

注文方法

クーポン、フリーダイヤルなどを用いた広告への応答の仕方を知らせる。広告の末尾近くにあるととが多い。

全体レイアウト

告要素を効果的に際立たせるグラフィックデザインを用いて、広告の外観全体を整える。

参考文献