簡単便利なStreamlabs OBSで高画質YouTube配信する設定方法

Streamlabs_OBS_edited-1

YouTubeライブを、もっと見栄えのある画面で配信してみたくないですか?

Streamlabsは、そんなこだわりのライブを配信するためのアプリです。しかし、基本的に英語なので日本人には設定がちょっとむずかしいです。

そこで今回はStremalabsを使ってYouTubeで高画質配信するための設定方法を紹介します。

動画で解説

2018/07/12 追加

Streamlabs OBSとは

最近はYouTubeやtwitch等で、ゲームのライブ配信が活発で人気があります。

サイト「Streamlabs」では配信者の為に、数多くのツールを提供しています。

例えば配信中に視聴者がチャンネル登録したときに、配信画面に「○○さんがチャンネル登録しました」「○○さんがスーパーチャット」といったような「アラート」機能。チャットのコメントを配信画面に表示する「チャットボックス」。通常それらを各配信アプリで設定する必要がありますが、無料で使えるOBSに最初から組み込んで簡単に使えるようにしたのが、Streamlabs OBSです。

今回はこのアプリを使ってYouTubeで高画質配信するための設定と配信方法を紹介します。

Streamlabs OBSのダウンロード

Stremalabsのサイトにアクセスします。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
Streamlabs

2018-05-28_22h29_44

Streamlabsにログインします。

2018-05-28_22h31_39

サイトにはTwitch, YouTube等のアカウントを使ってログインできます。

例としてYouTubeアカウントからログインします。

2018-05-28_22h31_57_052818_110800_PM

ログインするアカウントを選びます。

2018-05-28_22h32_03_052818_110953_PM

「許可」を選択します。

2018-05-28_22h33_27_052818_111022_PM

サイトにログインできました。

画面左上の「Download Beta Streamlabs OBS」をクリックしてファイルをダウンロードします。

Streamlabs OBSのインストール

ダウンロードしたファイルをインストールします。

2018-05-28_22h36_08

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

2018-05-28_22h36_21

「同意する」をクリック。

2018-05-28_22h36_25

インストール先を選んで「インストール」を選択。

2018-05-28_22h36_30

インストール中。しばらく待ちます。

2018-05-28_22h37_10

インストールが完了しました。

「完了」をクリックします。

高画質YouTube配信用の設定

ここではYouTubeで高画質配信する設定方法を紹介します。

ここで言う高画質は1920×1080 60fpsで、エンコードにはGPU(私の環境ではGTX1050Ti)を使用し、CPUの負担を軽くするようにしています。

2018-06-01_00h27_44_060118_122814_AM

Streamlabs OBSを開いてウィンドウ右上の歯車アイコンをクリックして設定画面に入ります。

2018-06-01_00h28_48_060118_123147_AM

YouTubeアカウントでログインすれば基本的にここの設定は自動で設定されます。

手動で設定する場合は、「Stream」を選んで、「Stream Type」は「ストリーミングサービス」。

「サービス」は「YouTube / YouTube Gaming」。

「サーバー」は「Primary YouTube ingest server」。

「ストリームキー」はYouTubeの「クリエイターツール」→「ライブストリーミング」→「基本情報」→「エンコーダーの設定」→「ストリーム名 / キー」の文字列をコピーします。

2018-06-01_00h29_06_060118_123229_AM

Outputを設定します。細かく設定したいので「Output Mode」を「Advanced」にします。

GPU GTX1050Tiを使ってエンコードしたいので「Encoder」は「NVENC」を設定します。

レートは安定的にデータを送信したいので「CBR」を選択します。

ビットレートは「9000」を選択します。

キーフレームは「2」にします。

2018-06-01_00h29_19_060118_123305_AM

Outputの続きです。Profileは「high」。

レベルは「4.2」にします。

2018-06-01_00h29_35_060118_123343_AM

Videoを設定します。

Base Resolutionは「1920×1080」に設定。

Output Resolutionは「1920×1080」に設定。

Base ResolutionはStreamlabs OBS上での解像度で、Output ResolutionはYouTube側での配信画面の解像度のようなイメージです。

2018-06-01_00h30_44_060118_123410_AM

配信する画面を設定していきます。

「SOURCES」の「+」をクリックします。

2018-06-01_00h34_19_060118_123845_AM

PCゲーム配信だと「Game Capture」、キャプチャーボードやWebカメラの画面だと「Video Capture Device」、ウィンドウだと「Window Capture」を選択します。

2018-06-01_00h36_20_060118_123910_AM

例として、Webカメラを追加します。

「Video Capture Device」を選択して「ADD NEW SOURCE」をクリックします。

2018-06-01_00h36_40_060118_123943_AM

追加したいデバイスを「デバイス」から選んで「DONE」をクリックします。

YouTube配信の開始方法

2018-06-01_00h34_58_060118_123732_AM

例としてゲームキャプチャ画面を追加しています。この状態でウインドウ右下の「GO LIVE」をクリックすると配信が開始されます。

2018-06-01_00h40_45_060118_124347_AM

配信開始後に「LIVE」タブをクリックすると、

誰がチャンネルを登録したか、どんなコメントを流れているか、配信画面のプレビュー画面、現在の視聴者数等が表示されます。

配信を終わりたい場合は画面下に表示される「END LIVE」をクリックすると配信が終了します。

関連製品

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

Sponser Link

コメントを残す

Additional comments powered by BackType