PS4でオススメ!快適に使えるノイズに強いUSBオーディオ

皆さんはテレビゲームで遊んでますか?

私は昨年あたりから数年ぶりに据え置き型のゲーム機PlayStation4でオンランゲームを楽しんでいます。最近のゲーム機はグラフィックが凄いだけじゃくてオンラインでリアルタイムに会話をしながら遊べるので、ワイワイ話をしながら遊ぶのが楽しいです。

オンラインゲームぜひ準備しておきたいのはヘッドセットです。ゲームの世界に没入できるので必須アイテムだと思っています。

しかし、コントローラーのヘッドセットジャックにヘッドセットを挿しても、ノイズが酷くて使い物にならない状況でした。

そこで、本体に直接接続するUSBオーディオを試しました。ノイズに強いと思っていたUSBオーディオですが、雑音に対して大きな差がありました。

実際に買ってみた結果、 オススメとオススメできないUSBオーディオを紹介します。

ݥ󥵡

iBUFFALO USBオーディオ変換ケーブル

AmazonでUSBオーディオを検索すると上位に出てくる、USBオーディオ変換ケーブルです。マイクとスピーカーを別々に入力するタイプです。

ヘッドセットは一本のケーブルでスピーカーとマイクを接続するので、マイクとスピーカーを分岐する必要があります。

結論から言うと、ホワイトノイズが強くてオススメできません

私の環境では、終始「キーーーーン」といった高周波ノイズが乗ってしまいます。オンラインのフレンドから苦情が来る程のノイズです。

PLANEX USB オーディオ変換アダプタ

PLANEX USB 2.0 → 3.5mmヘッドホン/マイク端子 USB オーディオ変換アダプタ ケーブル PL-US35AP

PLANEX製のUSB オーディオ変換アダプタです。こちらもiBUFFALOと動揺にマイクとスピーカーを別々に接続するタイプです。 ヘッドセットからスピーカーとマイクを分離して接続します。

こちらも、「キーーーン」としたホワイトノイズが鳴り止まないのでオススメできません

USBオーディオサウンド変換アダプタ

YOHOOLYO USBオーディオサウンド変換アダプタ 3.5mmヘッドホンマイクジャック変換 外部電源不要 ドライバー不要

アダプタからUSB端子までの間でノイズが乗っているのではないか?と思って購入うしたのがこのUSBオーディオです。USBケーブル部分が無いでノイズが少なくなるのではないかと思っていました。

残念ながらオススメできません。多少ホワイトノイズは軽減したものの、相変わらずノイズがのります。

TechRise外付けサウンドカード

TechRise 外付け サウンドカード 音量、マイク、ヘットフォン 調節可能 USBオーディオ 2チャンネル ドライバ不要(ブラック)

このUSBオーディオは、スピーカーとマイク端子の他にヘッドセット端子(スピーカーとマイクが一本のケーブル)が備わっています。ヘッドセットからマイクとスピーカーケーブルを分離しなくても接続することができます。

この製品はオススメできます!今まで悩まされてきた「キーーーン」といった、ホワイトノイズがピタッと消えました。

USBオーディオはヘッドセット端子がキモ

複数のUSBオーディオを試してきた結果、ヘッドセットのケーブルを直接接続できるUSBオーディオだけがノイズが軽減されました。おそらくノイズは、スピーカーとマイクの分岐ケーブルで発生したのではないでしょうか。

分岐ケーブルも複数試してみましたが、どれも良い結果ではありませんでした。分岐ケーブルの種類も多くはないので、ヘッドセット端子が有るUSBオーディオを使ったほうが得策だと思います。

お得なヘッドセット端子付きUSBオーディオ

他にヘッドセット端子の付いた価格の安いUSBオーディオをご紹介します。

外付けサウンドカード Micolindun USB ゲーミングヘッドセット 変換 アダプタ ハブ 2.0 PC usbハブ Macbook PS4 オーディオ変換 PCマイク インターフェース ケーブル ヘッドセット ヘッドホン パソコン マイク ゲーム用 コネクタ スピーカー イヤホン mac 対応 携帯 充電 スマホ 分配 分岐 コード (USB 2ヶ所, 3.5mm ジャックヘッドホン用4極1ヶ所&3極1ヶ所, マイク用3極1ヶ所) ブルー

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType