注目アイテム

先日Amazonで注文したSIMアダプタがやっと届きました。送料込み100円以下という安値だったので、とんでもなく出来の悪いアダプタなのかと思いきや意外と悪く無い作りだったのでご紹介します。これで100円以下なら十分買いなアイテムですよ。

ドコモ

複数回線持ちやスマホ好きやタブレット好きならきっと私と同じように多くのSIMカードと端末を持っていると思います。間違えないで正しく運用するために今回はdocomoのSIMと契約の特徴をおさらいしておきます。

注目アイテム

iPhone5で採用されたnanoSIMですが他の機種で採用されていないのでSIMの差し替えが面倒ですよね。ここではやっぱり定番のSIMカードアダプタが必要になってきます。iPhone4で初めてmicroSIMが採用されて他の機種でも当たり前のように使われていきました。今度のnanoSIMも標準化しそうな感じです。これくらいの価格なら痛くないですよね。私はとりあえず3つ買っておきました。後日レビューしてみようと思います。

Android, iPhone, ケータイ, 注目アイテム

lteImgSim

先日のドコモ改悪の発表で今まで年1回まで無料で標準SIM←→microSIMのSiM形状変更ができたのですが、来月から有料になります。(2,100円)今のうち交換してもらいましょう。最近発売されるスマホはどんどんmicroSIM化する傾向にあります。いずれはmicroSIMに変更しなければならないのなら無料のうちにやっておきたいですよね?microSIMに変更した後はmicroSIMアダプタで標準SIMサイズにすればいいんです。直ぐに元に戻せます。アダプタも何百円もかかりません。今回はSIMカード関連グッズを紹介します。

注目アイテム

これまで噂されていたiPhone5で採用されたnanoSIM。これってiPhone5専用だと思っていませんか?どうやらアダプタを使うことでmicroSIM採用のiPhone4SやAndroid、標準SIMサイズを採用しているiPhone3GSやAndroidに使うことができます。SoftBankの場合、iPhone用のSIMとAndroidのSIMは相互利用出来ないようですが、SIMフリーケータイやKDDI auならSIMを差し替えるだけでスマホが使えるようになります。例えばau iPhone5のnanoSIMをアダプタでmicroSIMサイズに変えればiPhone4Sを使うことができるし標準SIMサイズに変えればGalaxy S2 WiMAXを使えるようになります。iPhone5持ちは自由にケータイを変えられるようにアダプタは必須アイテムでしょう。iPhone5が壊れてしまっても前に使っていた機種に戻して使うことができます。またヤフオクなどで手に入れた白ロムを使うことができます。私自身、アダプタのおかげで自由にケータイを入れ替えることができるので重宝しています。それにしてもiPhone5の人気はスゴイね。未だに予約無しでは買えないようです。お祭り騒ぎが収まって早く安くならないかな???

Android, au, iPhone, ケータイ

iPhoneを取り扱うようになって私も含めてauを使っている人も多いと思います。しかしauを使い続けると問題になってくるのが機種変更時の機種代金の高さ。auは既存ユーザーを大切にしないので機種変更時の端末の値段は高いです。ほとんど定価です。そこで注目されるのが白ロムケータイです。白ロムは人気により価格が変動します。新しい機種が搭乗すれば価格が一気に下がります。安く機種変更するなら白ロムが一番です。しかし、auの白ロムはドコモと違ってSIMカードを差し替えるだけで使えるものとそうでないものが存在します。ほとんどの機種はSIMを差し替えるだけでは使えるようになりません。そこでSIMを差し替えるだけで使える機種を中心にタイプ別に機種を紹介します。