読書

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「コピーライティングの秘密」には、『なるほどね』と思わせる反応に差が出る22のポイントが紹介されています。全てとはいえませんがプレゼンや資料作りブログ記事などアピールする場合に応用が利きそうなものが多く含まれると思います。スクラップしておきます。

読書

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「コピーライティングの秘密」には、いくつかのルールがあります。あぁ、なるほど言われてみればというものや、納得は出来るけど実感がないものまで様々です。後に応用できそうなエッセンスを抽出しやすくするためスクラップしておきます。

読書

キャッ
チコピー=伝達力

商品を売る場合、お客様のハートをキャッチしないと商品は見向きもされません。商品が物や情報であってもそれは変わらないと思います。たとえ商品を売る立
場に無い人でも自分をアピールする場面は誰でもあると思います。そのような場合、商品を自分自身に置き換えることで自分自身の個性・特徴・売りを整理し主
張する手助けになるのではないかと考えました。キャッチコピーは商品の良さと必要性を伝えることができる、大切なコミュニケーションツールであり伝達手段
だと思います。商品は物・情報・サービス・人と様々です。キャッチコピーの作り方をうまく応用して主張できるようになることが狙いであり目的です。
このエントリーでは「売り上げがドカンと上がるキャッチコピーの作り方」竹内謙礼(著)日本経済新聞社をベースに咀嚼し組合せた
キャッチコピーの作り方を
7つのステップでご紹介したいと思います。