SIMフリー/ロック解除済iPhoneの購入方法

携帯料金を抑えたい!料金の安い格安 SIM を使いたい!格安SIMが使えるiPhoneを使っていきたい! そう思っていますよね?私もそうです。

SIMフリーやSIMロック解除済みiPhoneならキャリアを自由に選べるので、自分に合った料金プランを選択することができます。

国内の3大キャリアだけでなく、格安SIMが使える、SIMフリーまたはSIMロック解除済みiPhone を買う方法を紹介します。

SIMフリー/ロック解除済iPhoneの購入方法

SIMフリー/ロック解除済iPhoneを購入する方法は下記です。

SIMフリー/ロック解除済iPhoneの購入方法

  • 新品でSIMフリーのiPhoneならオンラインや実店舗のAppleストア
  • 中古や旧型をオンラインで買うなら楽天、アマゾン、白ロム業者、ヤフオク
  • 中古や旧型を実店舗で買うなら中古ケータイショップ

詳しく説明していきます。

SIMフリー

SIMフリーとは SIMロックがスマートフォンや携帯電話にかかっていない状態のことを指します。

通常、国内の3大キャリアから買うiPhoneにはSIMロックがかかった状態で買います。

例えば、ドコモで買ったiPhoneはauでは使えません。

ユーザーは自由に携帯キャリアを選ぶことができ、好みの回線や通信サービス、料金プランを選ぶメリットがあります。

例えば SIM フリーの iPhone でドコモ、ソフトバンク、au 、格安 SIM業者の SIMカードを使って通話や通信をすることができます。

また、海外に行った場合、海外での SIMカードを使うことができるので、日本の携帯キャリアの契約のまま通話や通信をするよりも格安で通話や通信をすることができます。

SIMフリー端末

SIMフリー端末とは、SIM ロックがかかっていない端末のことで、 SIM フリーな端末です。
例えばSIMフリーiPhoneとは、対応するどこのキャリアのSIMカードでも使えるスマートフォンのことです。

SIMロック

スマートフォンや携帯電話には SIMカードと呼ばれる小さいカードが挿入されています。この SIMカードには契約者と紐付けられた番号が記録されており、 携帯電話業者はこの SIMカードと契約者を結びつけて電話などの通話やインターネットなどの通信といったサービスを提供しています。

日本でキャリアから販売されている携帯電話やスマートフォンは特定のキャリアでしか使えないようにロックがかけられています、これがSIMロックです。 例えばau で買った iPhoneでは、ソフトバンクの SIM カードを使って、通話や通信が使えないように制限しています。

携帯キャリアは他の携帯キャリアに簡単に乗り換えないようにするため安い料金プランと、安い端末料金を引き換えに、 SIM ロックをかけています。

SIMロック解除済み端末とは

SIMロックは、解除することができます。キャリア特定の機種と条件さえクリアできれば無料もしくは有料で解除できます。

SIMロック解除できる基準は各社様々で、ホームページで確認することができます。

SIMフリーiPhoneの価格

SIM フリーの iPhone の価格は、キャリアで買うのとほとんど変わりません

日本で SIM フリー iPhone が買えない時期は、 SIM フリー iPhone はとても高価でしたが、最近では日本でも SIM フリー iPhone を買うことができるようになったので入手のしやすさから価格はだいぶこなれてきました。

日本の携帯キャリアから買う場合、月々の携帯電話料金と共に端末料金を分割で支払う場合が多いので、 端末料金が安く感じることがありますが、実際はほとんど変わりません。むしろ分割で支払っている場合には、 SIM フリー版の iPhone よりも総額で高い料金を支払うこともあります。

新品現行機種のSIMフリーiPhoneの購入方法

新品のSIMフリーiPhoneを購入する方法は、実店舗の Apple Store か、インターネット上のオンラインストア Apple Store から購入する必要があります

これまで全ての iPhone を取り扱っているわけではなく、 人気の機種だけを販売しています。現時点ではこれらを販売しています。

  • iPhone XS/Plus, XR(2018年発売)
  • iPhone X, 8/Plus (2017年発売)
  • iPhone 7/Plus(2016年発売)

機種の他に、容量や、色のバリエーションを含めると多くの選択肢が用意されているので、好みの機種、容量、色を選べるのが新品購入のメリットです。

中古旧型のSIMフリー/ロック解除済みiPhoneの購入方法

中古のSIMフリーiPhoneは以下の機種が購入可能です。

iPhone 6s/Plus (2015年発売) 以降、日本でもSIMフリーiPhoneが購入可能になりました。

  • iPhone SE (2016年発売)
  • iPhone 6s/Plus (2015年発売)

中古の SIM フリー iPhone の購入方法は様々な方法があります。

インターネット通販なら楽天、 Amazon、その他白ロム業者から買う方法です。

中古品だと傷や汚れ痛みなどの状態が自分の目で確認できないので、その業者が規定した中古品のグレードを信じるしかありません。よほどのことがない限り返品ができないので若干ギャンブル要素があります。

豊富な購入先の中から、自分の欲しい端末を探すにはとても便利です。

実物が見れなくて不安になる人はお勧めできません。

SIMフリー未使用iPhone

SIMフリー未使用iPhoneとは、そのまま SIM フリーで誰も使っていない iPhone のことです。

なぜこんな iPhone があるかと言うと、 iPhone 発売日に争奪戦で転売目的で購入し、携帯買取ショップで打って、中古携帯ショップで高値で売られていることが多いです。

最近は人気も落ち着いてきたので少なくなったかな?

SIMフリー化iPhone

SIMフリー化iPhoneとは、国内の携帯キャリアでは特定の条件を満たすことで SIM ロックを有料または無料で解除して、 SIM フリーな状態にすることができます。SIMロック解除済みiPhoneのことです。

そのような手続きで SIM フリーになった iPhone のこと SIM フリー化 iPhone と呼びます。

SIM フリーの iPhone と同じように他の携帯キャリアで使うことができるので SIM フリーの iPhone と変わりません。

SIM フリー化に対応する iPhone は下記2件の機種移行の iPhone に対して SIM フリー化ができます。

  • iPhone SE (2016年発売)
  • iPhone 6s/Plus (2015年発売)

下記のような iPhone は SIM フリーかができないので注意が必要です。

  • iPhone 6/Plus(2014年発売)
  • iPhone 5s/5c
  • iPhone 5
  • その他旧型iPhone

海外から輸入した機種の場合、SIMフリー版が存在します。

私は以前、香港からSIMフリー版iPhone4Sを輸入したことがあります。当時は普通には買えなかったですよね。

今の契約のままSIMフリーのiPhoneは使える?

SIM フリーの iPhone があれば今の契約のまま SIMカードを SIM フリー iPhone に挿すことで通話と通信が使えるようになります。

キャリアによっては通信するための設定が必要になる場合がありますが、設定方法はインターネットを検索すればいくらでも出てくるのでそちらを参照して設定すれば使用可能です。

iPhoneがSIMフリーかを確認する方法

自分が持っているiPhoneがSIMフリーなのか?SIMロック解除されているかの確認方法は、違うキャリアのSIMを挿して使えるか確認することです。

最も分かりやすくて、最も確実な方法です。

実機を使わないと分からないのが残念ですが、誰でもできる確実な方法です。

まとめ

SIMフリー/ロック解除済みiPhoneを買う方法は以下です。

  • 新品でSIMフリーのiPhoneならオンラインや実店舗のAppleストア
  • 中古や旧型をオンラインで買うなら楽天、アマゾン、白ロム業者、ヤフオク
  • 中古や旧型を実店舗で買うなら中古ケータイショップ

どこで買うと良いか

実際に、アマゾン、楽天、ヤフオク、白ロム業者、海外スマホの輸入業者から買った経験から、新品ならアップルストア、専売の白ロム業者が信頼できると思っています。

アマゾン、楽天、ヤフオクだと1機種に対して様々な業者が売っているので当たり外れが大きい気がします。

中古の場合、外観の使用感の程度の基準がバラバラなのです。

例えばX社で「ランクB」の基準がZ社では「ランクC」だった場合、思ったほどの程度の中古品じゃ無くガッカリしたことがありました。

こういったリスクがあるので、買った実績のあるところで買ったほうがいいと思っています。

アマゾン、楽天、ヤフオクだと買いやすい反面、リスクがあることは覚えておきましょう。