【2019年おすすめ】iPhoneの写真や動画をバックアップする方法

スマホの機種変更、故障等のスマホを切り替えの時に頭を悩ませるのが写真や動画データのバックアップです。特にスマホが故障してしまった時は大切な写真を取り出せずに悔しい思いをしたことがあると思います。機種変更だとデータの移動が大変で萎えた人も多いハズ。今回はiPhoneの写真を簡単にバックアップできるオススメの方法についてご紹介していきます。

iPhoneの写真をGoogleフォトアプリでバックアップ

最もオススメなバックアップ方法がこちら。

GoogleのアカウントとGoogleフォトアプリがあればiPhone内の全ての画像をインターネット経由でGoogleのサーバーへアップロードすることでバックアップすることができます。

容量が無制限しかも無料で使うことができて、iPhoneで「Googleフォト」アプリを立ち上げて、ネットワークに接続すると自動でGoogleフォトのサーバーに写真データを送ります。送られた写真はどんなに高画質でも1600万画素相当に圧縮されます。iPhone XSは1200万画素の写真解像度なので十分です。

動画データも自動でバックアップしてくれるのでとても便利です。

iPhoneだけでなく、Android版やPC版のGoolgeフォトを組み合わせるとAndroidで撮影した写真や動画、PCに保存したデジタル一眼レフカメラで撮影した写真や動画をGoogleで一元バックアップ管理できて便利です。

Googleフォトでのポイントは

  • 容量無制限
  • 無料で利用できる
  • 画像を「高画質(1600万画素相当)」に自動で再圧縮する
  • 有料プランでは高画質以上の画質で保存することができる
  • 必ず導入してほしいバックアップ機能です。

iPhoneの写真をアマゾンフォトアプリでバックアップ

次にオススメしたいのがアマゾンフォトでのバックアップです。アマゾンフォトはアマゾンプライム会員専用のバックアップ方法ですが、内容はGoogleフォトよりも充実しています。

ポイントは

  • アマゾンプライム会員専用
  • スマートフォン、タブレット、パソコン対応
  • 解像度や品質を落とさずに写真バックアップ
  • 容量無制限
  • 写真はスマートフォンから削除できる

再圧縮で品質を落とさずにバックアップできるのは大きなメリットです。

iPhoneだけでなくデジタル一眼等の高画質カメラの画像データのバックアップ先に重宝します。

私の場合、Goolgeフォトと並列したバックアップ先として利用しています。仮にGoogleやアマゾンのどちらかが、フォトストレージサービスを終了しても片側ではデータが残りますからね。

iPhoneの写真をUSBメモリでバックアップ

最近ではiPhoneのライトニング端子に対応したUSBメモリが多く登場してきています。iPhoneのライトニング端子だけでなくパソコンに対応したUSB端子も搭載していてiPhoneに挿すと写真データを読み書き、またパソコンに挿すとデータの内容を読み書きすることができます。

目に見える形でデータをバックアップできるのでインターネット経由のバックアップが不安な人でも安心してバックアップできますよね。

私の場合、大切な写真データは手元に置いておきたい派なので、USBでPCに移動して、大切な画像・動画用HDDに保存するやり方をとっています。

USBメモリを使ったバックアップも安心なバックアップ方法の一つです。

iPhoneの写真をiCloudのマイフォトストリームでバックアップ

アップルが提供している写真バックアップサービスがiCloudのマイフォトストリームサービスです。無料で使える範囲内でのポイントは、

  • 1 時間ごとにアップロードできる枚数:1,000 枚
  • 1 日ごとにアップロードできる枚数:10,000 枚
  • 1 か月ごとにアップロードできる枚数:25,000 枚
  • iPhone, iPad, Macに対応
  • Androidは非対応

Apple謹製でiPhoneとの相性が抜群ですが、サービス内容や価格が若干高めな気がします。安心感を重視するなら有料プランに加入してiCloudのマイフォトストリームでバックアップするのも良い選択肢です。

私の場合、「iCloudストレージの容量が少なくなりました。容量を追加してください」と課金を求められるのが、困るのでマイフォトストリームは使っていません。

iPhoneの写真をMac版iTunesでバックアップ

iPhoneが出た時から使っている昔ながらのバックアップ方法です。MacにライトニングケーブルでiPhoneを繋いで、iTunesとフォトアプリで写真データをMacに転送してバックアップすることができます。

ライトニングケーブルで転送と同時にiPhone本体の充電もできるのがメリットですが、バックアップの度にMacを立ち上げないといけないのは面倒ですよね。

クラウドストレージが無い時代ではこの方法しかなかったので、仕方なしにやってましたが、今は特別な事情が無い限りやりたくないバックアップ方法です。

iPhoneの写真をWindows版iTunesでバックアップ

Macと同様にパソコンとiPhoneをライトニングケーブルを繋いでiPhoneの画像データをパソコンに移動してバックアップすることができます。

撮った写真をすぐにパソコンで見たい時によく使う方法ですよね。私の場合、職場でiPhoneで撮影して直ぐにパソコンに移動したメールで転送する方法は日常的にやっています。

この方法ならMacとどうように簡単にパソコンへバックアップできますね。

バックアップというより、日常的にパソコンへの写真データ転送として利用している方法です。クラウドへのバックアップよりも転送速度が早いのは大きなメリットです。大量の画像データや動画データをバックアップしたいときはライトニングケーブルでの転送が早くて便利です。

写真や動画は絶対にバックアップすること

このように多くの方法でiPhoneの写真や動画をバックアップすることが可能です。

しかし、この記事を見て方法を知って満足するだけで終わるのはやめてください。

この記事を読んだら必ず、どれかのバックアップを試してください。今やスマホで写真を撮るのは日常行動といってもいいくらいスマホでの撮影は定着してきました。だからこそ写真や動画には思い出が詰まっているはず!思い出を不慮の事故(スマホの故障)で無くしてしまわないためにも、どれか一つでもいいです。実践していただきたい!

まとめ

iPhoneの写真をバックアップする方法について紹介してきました。
まとめると

  • Googleフォトなら容量無制限、無料で写真を保存できる
  • アマゾンフォトはプライム専用だが容量無制限、再圧縮無しに写真を保存できる
  • USBメモリならお手軽に物理的にバックアップすることができる
  • Apple謹製のiCloudのマイフォトストリームなら安心してバックアップできる
  • MacやWindowsパソコンならライトニングケーブルで高速バックアップできる

自分に合ったバックアップ方法を選んでみてはいかがでしょうか?