写真共有している人は必須!写真をアップロードする前に消しておきたい位置情報

iPhoneやGPS対応携帯やデジカメなどで写真を撮った後、何も考えずにJPEGファイルをインターネットにアップロードしたりしていませんか?
その行為は今すぐやめてください。なぜならば画像ファイルには位置情報(ジオタグ)が含まれているからです。自宅で撮った写真をインターネットで公開したら自宅の場所が丸分かりになります。これはあまりに危険です。それらの情報の確認方法と消去方法を紹介します。



デジカメ写真に含まれる情報はExif情報といいます。
Exif情報には位置情報の他に下記があります。

[ファイル名]
[製造元]
[モデル]
[撮影日時]
[Exifバージョン]
[画像サイズ]
[フラッシュ使用]
[焦点距離]
[焦点距離(35mmフィルム換算)]
[シャッタースピード]
[ISO感度]
[絞り]
[レンズ開放F値]
[露出プログラム]
[測光モード]
[使用ソフトウェア名]
[位置情報]

iPhoneで撮影する場合はGPSをオフにしておくとジオタグは付加されなくなります。

iPhone用アプリで同じようなアプリがあるといいなぁ。

PCで消去するには下記ソフトを利用するといいかも
窓の杜 – 【REVIEW】指定したフォルダ内の写真ファイルからExif情報を一気に削除「Free EXIF Eraser」

こちらの記事も参考になります。
超便利! ビジネスに役立つ無料ツール: 公開画像のExif情報にご注意!「JPEG Cleaner」と「JpegAnalyzer Plus」