microSIM-標準SIMアダプターを使う時に気ををつけたい3つのポイント

記事をアップグレードしました!コチラもいかがでしょうか?

最近はmicroSIM(ドコモではminiUIM)カードタイプのスマホが増えてきました。格安で新しいスマホを手に入れた人も多いと思います。新しいスマホがmicroSIMタイプだった!なんて人も多いのでは?そこで便利なのがSIMアダプタです。SIMアダプタはmicroSIMを標準SIMサイズにできるアダプタです。今まで私はSIMアダプタを使って何度も入れ替えをしているので扱いやすさや、失敗経験を踏まえて3つのポイントを紹介します。古いのと新しいスマホに頻繁に入れ替えをしたい人に紹介してもらいたいです。

くり抜き型アダプタを選ぼう
SIMアダプタにはmicroSIMサイズにくりぬいているアダプタと片面だけ凹んでいるタイプがあります。どちらとも使ったことがありますが、どちらかというとくりぬき型がいいと思っています。なぜかというとケータイに挿すときに凹んでるタイプだとカードサイズが肉厚になるので挿しにくく抜きにくいんです。力任せにするとケータイの端子やSIMスロットを痛めます。価格も安いくりぬき型を選びましょう。

IMG_1017
くりぬき型のアダプタ。型にそって作った簡単な作り。価格も安く手に入れやすい。

 IMG_1015 
こっちは凹み型アダプタ。SIMカッターに同梱していたアダプタです。カードサイズが肉厚になるのでケータイのスロットやSIMの端子を痛めやすい。

microSIMはセロテープで固定
アダプタにmicroSIMを入れると若干隙間があるのでピッタリ動かないってことはありません。ケータイに挿す時はポロポロmicroSIMが落ちて挿せないと思います。こんな時はセロテープを使います。端子が無い側にアダプタを含めてセロテープで固定します。セロテープの厚さなら肉厚になることも無いのでほぼ標準SIMサイズになります。
IMG_1012
端子の無い側にセロテープで固定しておきます。カード端はハサミやカッターできれいに面取りしておきましょう。

IMG_1011
端子側はセロテープ無しです。microSIMの端だけセロテープで固定すれば強固になりますが、microSIMを取り出す場合にはセロテープをはがさないといけないので面倒です。頻繁にカード取り外しをする人は片面だけにしておきましょう。片面だけでも十分固定できます。

作業は慎重に!
これは私の失敗談ですが以前microSIMサイズにカットした後iPhone3GSに標準SIMサイズで挿そうとしたら、なかなか入らないんです。『うぉぉぉぉ!』っと力任せに押し込んだら入りました。今度は抜くのが大変。今度も力任せににしたら見事にカードスロットが壊れました。力任せは絶対にやめましょう。
IMG_1019 
やってしまった・・・・。もう力任せに入れたりしないよ。まぁSIMトレイ部分はしっかり生きてるので未だに使っています。