スマタブ!, ニュース

ソニーモバイルからXperiaの新製品が発表されたみたいです。
新製品は下記6種類。

  • Xperia Z3 Tablet Compact:ソニー初の8型タブレット世界最薄最軽量
  • Xperia Z3:フラグシップモデル。5.2型フルHD液晶(1,920×1,080ドット)
  • Xperia Z3 Compact:フラグシップモデル。4.6型720p液晶(1,280×720ドット)
  • Xperia E3:成長市場向け低価格製品
  • SmartBand Talk:局面型電子ペーパー採用のライフロガー。防水防塵対応。
  • SmartWatch3:SmartWatch2の後継ライフロガー

日本を含むグローバル市場で今秋から発売予定らしいです。

8型タブレットの「Xperia Z3 Tablet Compact」と電子ペーパー採用の「SmartBand Talk」が気になります。電子ペーパーといえばKindle Paper Whiteですよね。圧倒的にバッテリーが長持ちします。晴れた日の炎天下でもディスプレイがくっきり見えます。とても気になる新製品です。

参考サイト

スマタブ!, ニュース, 格安SIM

格安SIMでおなじみ日本通信からキャリアと同じデータ通信量量7GBスピードはフルスピード対応で2980円/月の「プランFlat」を発表しました。今月から新規受付を終了したドコモの旧料金プランでのパケット定額のデータ通信量と同じです。それなのに格安。およそ半額くらいですね。ずいぶんと安くなりましたね。IIJやOCNなど競合他社の今後の動きが気になります。

ニュース

ドコモが発表した通話定額の「カケホーダイ」凄い勢いで契約者数を増やしているようです。確かに通話定額は魅力的です。たった2,700円(ガラケーは2,200円)で通話し放題になるのは今までに無いサービスです。でもそれはケータイを通話メインで使っている人に限った話です。通話メインで使わずにデータ通信メインで使っている人にとっては値上げになります。

それなのに、サービス開始からおよそ一ヶ月で500万契約突破しています。ドコモの契約回線数が6310万、ざっくり8%くらいが1ヶ月で通話定額に加入したことになります。凄い勢いで加入者を増やしています。

カケホーダイ契約数の推移

  • 2014年4月10日 カケホーダイ発表
  • 2014年5月15日 事前予約開始
  • 2014年5月25日 予約数120万件
  • 2014年5月末 サービス開始直前200万契約
  • 2014年6月1日 サービス開始
  • 2014年6月10日 300万契約
  • 2014年7月5日 500万契約
  • 2014年7月6日 510万契約

私は、これはケータイを通話をメインに使っていて通話料が気になっている人が一時的になだれ込んでいるのではないかと思っています。こんなのは長くは続きません。

これまでドコモXiの基本料金は780円でした。これが2,700円に大幅値上げです。パケット代が家族で分け合える「パケットシェア」は10GB、9,500円が最低でも必要です。でもこれは高すぎます!

安い維持費で「待ち」!

多分ドコモだけでなくau、ソフトバンク共に通話定額の導入で通話定額の契約数は増えるでしょう。でもそれはほとんどの場合、今まで使っている人が契約変更をする場合が多いのではないかと思います。しかし、ずっと伸び続けるわけではありません。そもそも各社横並びの料金体系ではシェアを奪うことはできません。必ず「キャンペーン」を仕掛けてくるはずです。おそらくは、3月に異常事態となったMNP優遇の端末代の大幅値引き、高額キャッシュバックの復活、通話定額の割引あたりがまた復活するのではないでしょうか。それまでは維持費の安い旧料金体系で維持して待ちではないでしょうか。

ガラケーで契約するのもアリ!

高い高い言っても通話エリアが広いドコモの通話定額は魅力的です。データ通信はMVNOでなんとかするけど通話定額は持っておきたいという人も多いハズ。私もそうですが、通話用のケータイとデータ通信用のスマホの2台持ちです。そのほうが通信料金が抑えられます。しかもドコモの通話定額はガラケーだと2,200円/月で使えます。スマホだと2,700円/月なので500円安く通話定額が使えます。ガラケーはスマホに比べると安く入手できます。この際、ドコモのガラケーを手に入れて通話定額ガラケーとMVNOスマホの2台持ちをはじめてみませんか?

参考サイト

ニュース

スクリーンショット 2013-09-12 23.30.58

iPhone5のマイナーアップグレードという感のあるiPhone5sですが、歴代のiPhoneの中でも圧倒的に売れたみたいです。3日間の販売台数がiPhone5が500万台。iPhone5s/5cが900万台だそうです。こんなに売れるとは予想外です。日本での販売台数はわかりませんが、米国、日本が主な市場と考えると100~150万台くらいは売れたんではないでしょうか?スマホの大様恐るべしです。欲しいけどゴールドが予約無しでも買えるまではお預け予定です。数ヶ月前にau iPhone5を買ったばかりですからね。au iPhone5は安くていいですよ!

参考サイト

ニュース

スクリーンショット 2013-09-12 23.30.58

らばQさんで山手線沿いでのiPhone5cでの3キャリア速度比較をしています。そういえばiPhone5s/5cは初めて3キャリア同時発売された同一機種です。これは気になります。結果は予想以上にドコモ遅すぎ、圧倒的にau速い!ソフトバンクも結構速いという結果。先日のau勝利宣言も伊達じゃなかったわけですね。やっぱりLTE対応プラチナバンドのアンテナ数が効いてるんでしょうか?これをみるとiPhone5s/5cはauで決まりかと思ってしまいますね。auは地方でもプラチナバンドの整備を進めています。スキー場や山奥とかでもLTE通信できるんでしょうか?田舎の方までエリアになっていれば完全にau勝利ですね。これが契約者数に効果があればいいんだけどね。

参考サイト

ニュース

スクリーンショット 2013-09-23 23.44.38

iOS7が配信されて私も早速アップデートしました。特に大きな不具合が無く問題が無さそうなiOS7ですが、気づくといつもよりバッテリーの減りが早い事に気がつきます。どうやら様々な快適になる機能(おせっかい機能)が有効になっているのが原因のようです。快適さよりもバッテリーの減りのほうが気になる人は設定してみてはいかがでしょうか?私は、基本的にデフォルトのままでいきたいと思います。

参考サイト

ニュース

スクリーンショット 2013-09-24 23.46.10

iOS7の特徴的な機能の一つに視差効果を使った壁紙があります。iPhoneを傾けると連動して壁紙も立体的に動くという、なんとも豪華な機能です。しかしバッテリーの延命に効くらしくてバッテリー優先の人には余計な機能かもしれません。でも、せっかくだから使いたいですよね?でも、本体内蔵のダイナミック壁紙ってシンプルなのしかないし、もうちょっと豪華な壁紙にしたいですよね?そこで利用したいのが無料で『Parallax Wallpaer』を配布しているサイトです。デフォルト壁紙よりもちょっとだけ個性を出せそうな壁紙があります。試して見てはいかがでしょうか?

参考サイト

ニュース

これまで3G/LTE回線でアプリのダウンロードには50MBの容量制限がありました。先日リリースされたiOS7からは100MBへ拡大したようです。これはうれしい!これでちょっと重めのアプリもダウンロードできますね!それにしても未だにiPhoneの最低容量が16GBというのが困りものです。16GBだとあっという間に埋まってしまうんですよね。かといって32GBはちょっとお値段高めだし、そろそろ32GBを最低容量にして欲しいですね。(もちろんお値段据え置きで)

参考サイト

ニュース

どうやらスマホの通信速度で理論値から算出される最大速度ではなく実効値による表記が話題に上がっているようです。実際、最大何百Mbpsと言われても実際測ってみると全然たいしたことなかったりします。(特にドコモ)確かに人の混み具合で通信速度が変わるのは当たり前ですが何も無いよりずっとましのような気がします。高速通信を謳っておきながら3G程度の実行速度なんてこともめずらしくありません。(特にドコモ)。ケータイのエリアマップに実行速度の分布をプロットするとおもしろくなりそうですね。100Mbps帯、50Mbps帯、10Mbps帯なんて色分けされて各キャリアで競い合ってくれたほうがユーザーのメリットになりますね。これはどんどん推し進めて頂きたい!

参考サイト

ニュース

スクリーンショット 2013-09-12 23.30.58

どうやらドコモiPhone5s/5cではMVNO SIMでLTE通信ができないようです。LTE通信が売りの一つになっているiPhone5シリーズ。残念な結果です。格安のMVNOで毎月のケータイ代を節約することはiPhone5s/5cでは難しいみたいですね。たしか、Appleが認めた通信事業者でないとLTE通信できないようです。MVNOの場合、ドコモではなくMVNO業者がAppleに認可される必要があるのかな?それだとなんだか難しそうです。しかし低速の128kbpsや200kbpsで運用している人には関係の無い話ですね。

参考サイト