PowerDirector 8 UltraでCUDAエンコードの効果を試してみました

動画編集ソフトPowerDirector 8 UltraはCUDAエンコード可能なソフトです。以前買ったGeForce8400GSのビデオカードは2世代位前の格安モデルだがCUDAに対応していたのでどのくらいエンコード時間が短縮できるか試してみました。

PC環境(ざっくり)

  • CPU:Athlon X2 5050e
  • MEM:4GB

1440×1080 MPEG2 90secのファイルをPowerDirector 8 Ultraに標準で登録してある解像度でMP4 AVCに変換しました。

PSP用の解像度480×270では変換元動画に比べて短時間で変換できている。

CPUだけのエンコードに比べても効果は少しだけあるようです。

解像度が上がるにつれて時間短縮の効果が期待できそうです。

非力なCPUではCUDAエンコードは有効な手段になりそうです。

価格
PowerDirector 8 Ultra

楽天で検索!