わかる!OBS Studioでキャプチャの範囲を自由に切り取る方法

OBS_マスク_edited-1

OBS Studioは無料で使える優秀なライブ配信ソフトです。

ウィンドウや画像などをキャプチャして範囲指定することで特定の範囲を指定することができますが、範囲は四角で囲われた部分しか指定することができません。

そこで今回はキャプチャする範囲を自由な形で指定する方法を紹介します。

ݥ󥵡

ソースの読み込み

まずはOBS Studioを起動します。

2018-05-24_22h57_31

まずは、自由な形に指定したいメディアを準備します。

「ソース」の「+」マークをクリックします。

 

2018-05-24_22h58_20

ここでは例として画像ファイルを範囲指定します。基本的に映像キャプチャしたものでも同じように範囲指定することができます。

 

2018-05-24_22h58_33

新規作成にチェックを入れて適当な名前を入力して「OK」をクリックします。

 

2018-05-24_22h58_39

次は画像ファイルを選びます。「参照」よりファイルを選びます。

 

2018-05-24_22h58_47

今回はきれいなお姉さんの画像ファイルを使っていきます。

ファイルを選んで「OK」をクリックします。

 

イメージマスクを使う

2018-05-24_22h59_04

読み込んだ画像ソースを右クリックして「フィルタ」を選択します。

 

2018-05-24_22h59_22

「エフェクトフィルタ」の下の「+」から「イメージマスク/ブレンド」を選択します。

 

2018-05-24_22h59_34

フィルタ名に適当な名前をつけて「OK」をクリックします。

 

2018-05-24_22h59_41

イメージマスクの設定をします。

種別から「アルファマスク(カラーチャンネル)」を選択します。

パスの「参照」をクリックします。

 

2018-05-24_22h59_54

ここでパスに使う画像ファイルを選択します。ここで指定する画像ファイルは白黒の画像ファイルを選択します。

 

マスクA

例えば黒のバックグラウンドの白マルのパス画像を選択します。

 

2018-05-24_23h00_00

パス画像の白い部分は表示され、黒い部分は切り抜かれました。

「閉じる」をクリックします。

 

2018-05-24_23h00_08

OBS Studioの配信画面には元の画像から丸い部分だけが表示されるようになりました。

 

マスクC

次はハート型のパス画像を指定して使ってみます。

 

2018-05-24_23h00_58

ハート型にくり抜かれた画像が表示されました。

 

名称未設定 1_edited-3

次は白マル型の端をぼかしたようなパス画像を準備しました。

 

2018-05-24_23h01_21

先程の白マルのパス画像よりもエッジがぼんやりした柔らかい範囲を指定することができました。

 

パス画像は元素材の大きさを考慮して作る

ご紹介したとおり、パス画像で「アルファマスク(カラーチャンネル)」を使うことで指定の範囲を切り抜くことができました。

パス画像を作るときは、加工したい画像ファイルやキャプチャ素材の解像度や縦横比に合わせるように作ったほうが合わせやすいです。

例えば、加工素材の解像度が縦横比1:1の場合は、パス画像も縦横比1:1にするか同じ解像度のパス画像を準備しましょう。これをすると思い通りの範囲を指定切り取りすることができます。

またはPhotoshop等を使って加工したい素材と、パス画像を重ねてみるとしっかり合わせこむことができます。

関連製品

 

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType