お手軽ヘッドセット!AUKEY Spart Headset EP-B26レビュー

スポンサードリンク

ちょっと前までワイヤレスヘッドホンは高値の花でした。しかし、スマホの普及と共に高性能なのに低価格な製品が増えてきました。「AUKEY Spart Headset EP-B26」は、そんな高性能、低価格な製品の一つです。特徴的なところは軽量で小型、折りたたみ式の耳掛けタイプ、ノイズキャンセル対応、長時間再生対応で、新世代製品を感じさせる製品です。試す機会に恵まれたので実際に使って試してみました。

外観

20170213_234317_2丁目

AUKEYの製品は初めて試します。調べてみるとAUKEYは中国系の企業で急速充電値やモバイルバッテリーの価格、性能に定評があるようです。パッケージはスマホアクセサリーメーカーっぽくシンプルでわかりやすい表示になっています。英語表記ですが、難しい単語は使われていないので好印象です。

20170213_234418_2丁目

パッケージを開くとヘッドホン、充電用USBケーブル、取扱説明書、厚紙のユーザーマニュアルが同梱されています。USBケーブルが付属しているのはうれしいですね。

20170213_234548_2丁目

製品は小さく折りたたまれた状態になっています。折りたたみ関節なところを展開していくとヘッドホンの形状に変形していきます。

20170213_234622_2丁目

片側の関節部分を伸ばします。

20170213_234702_2丁目

もう片方の関節部分を伸ばします。

20170213_234720_2丁目

耳あて部分をひねります。これで、装着できる構造に変形ができました。

20170213_235517_2丁目

操作ボタンは右の耳あて部分の外側に集中しています。上2つのボタンはボリュームアップとダウン。下の2つは曲の送り、戻し。真ん中のボタンは電源のオン・オフ、Bluetooth同期に使います。LEDの色や点滅の表示で状態がわかるようになっています。

20170213_235506_2丁目

右の耳あて部分にmicroUSBポートがあります。ここで充電することができます。

20170213_235538_2丁目

耳あて部分は、ただのスポンジではなく、ちょっと高級な感じがします。

DSC00413

関節を伸ばした状態でも持ち歩きやすい大きさと重さをしています。

DSC00409

折りたたむと手のひらに収まる大きさなになるのでポケットに入れて持ち歩けそうです。

つけ心地

20170213_234852_2丁目_022817_123554_AM

耳にかけるタイプなので、このように頭の後ろにメガネを掛けるような感じになります。

20170213_234855_2丁目_022817_123625_AM

私のようにメガネを掛けている人にとっては、耳の上の部分で干渉してしまいます。メガネの上からヘッドセットを使ったほうが、メガネはずれないし、多少ヘッドセットが動いても大きな音質の変化は少ないので、メガネかけの人にはこのような運用をおすすめしたいです。

https://i0.wp.com/farm4.staticflickr.com/3903/32969916722_8e7903f6c4_n.jpg?resize=178%2C320&ssl=1

もちろんスマホに標準対応。iPhone6でペアリングを確認。Galaxy Note3でも接続を確認しました。ヘッドセットの「受話器マーク」を7秒以上?くらい長押しして、赤と青の点滅時にスマホのBluetooth設定でペアリングできます。標準的なペアリング方法で使えます。

仕様をみてみよう

かんたんに仕様をみてみます。

  • Bluetooth4.1なので低電力、長時間駆動(連続使用時間:通話約24時間、スタンバイ約300時間)
  • マイク内蔵でハンズフリーで通話が可能
  • ノイズキャンセル機能でクリアな通話が可能
  • 振動板付きのドライバーユニットで高音質

メーカーの推しは低電力、マイク内蔵、ノイズキャンセル、高音質なので簡単に検証してみました。

長時間の連続使用は正義!

https://i0.wp.com/farm4.staticflickr.com/3903/32969916722_8e7903f6c4_n.jpg?resize=178%2C320&ssl=1

先日千葉から名古屋までの出張で往復8時間程使ってきましたが、再充電することも無くきっちり動作してくれました。iPhoneではヘッドセットのバッテリーの残量が表示されますが、少なくても半分以上は残っていました。この調子なら20時間は連続再生できたんじゃないかな?ほぼ仕様どおりになるんじゃないかな?

わりと高音質、ノイズキャンセルは通話の時に有効

イヤホンタイプのようにダイレクトに音を伝えるわけではないので、どうしても音質的には不利です。ただし、それを補うための高音質化はされています。低音は強めになっているようですが、電車の中など他人に聞こえない程度の強めの低音なので程よい加減だと思います。

ノイズキャンセル機能は通話の時に有効なようで、電車や人混みの多いところでノイズキャンセルが効いているようには思えませんでした。ヘッドセット通話しているときはしっかり相手の声も、自分の声も届いているようなので、しっかりノイズキャンセルが効いてるようです。通話でこの機能は大切だと思います。

価格はエントリーモデルの中では安め

スマホ、タブレットで使える初心者向けの製品は各社様々な製品がでていますが、およそ3,000円くらいが相場です。この製品はAmazonではおよそ2,400円なので1割ほど安い価格になっています。レビュー160件以上で★が4つなので定評のある製品なことがよくわかります。レビューのバランスも★5から順に下がっているので、価格と性能のバランスがよくとれた製品なのではないかと思っています。

こんな方におすすめ!

  • 外音を完全にシャットアウトしないヘッドホンがほしい
  • 長時間使用できるヘッドホンを探している
  • コストパフォマンスが良い製品がいい

使っていて思ったのが、耳掛けタイプの良いところは完全に外音をシャットアウトしないところだと思います。つまりヘッドホンをしていても周りの音がしっかり聞こえることです。電車を待っている時はアナウンスが聞こえるし、車のクラクションもしっかり聞こえます。ここって安全にかかわることなので、外で使う時は一番大切ですよね。次に長時間駆動はモバイル機器では大切なファクターです。一日中使ってもバッテリー切れが無いのはうれしいですよね。スマホのバッテリーのほうが先にきれちゃうかもしてませんね。価格も大切。同様製品に比べても安めなので、コストパフォーマンスが高い製品といえます。私の生活環境にはちょうど合う製品でした。一度ご検討してみては?

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

Additional comments powered by BackType