注目製品

あのデジカメで撮った写真や動画を自動でパソコンに読み込んでくれるEye-Fi Proがより高速のClass 10、最大容量16GBの製品が登場しています。もちろん今まで通り、802.11n対応、アドホック接続対応、RAW 対応、写真の転送が完了した後、自動的に画像を削除機能、公衆無線 LAN対応、ジオタグ対応、Flickr、Facebook、Picasa、MobileMe、YouTube対応、自動で整理機能等の機能はそのままです。これなら動画を撮っても容量不足ということは、なくなりそうですね。私の場合普段はスマホで写真撮影。ズームが欲しい場合はコンデジで撮影していますが、今となってはSDカードからPCに移すのが面倒なんですよね。スマホのような自動アップロード機能があれば楽ちんなんです。このカードがあればスマホのように自動アップロードと自動消去もしてくれるのでズーム重視のコンデジや一眼ユーザーは重宝するはずです。今までの8GBでは動画を撮るには不足だったので正直やっと16GBがきたかという思いです。これならフルHD動画撮影が標準となったデジカメでも十分実用に耐えられそうですね!

 

Eye-Fi Japan
発売: 2012-11-14
価格: ¥ 8,690 通常配送無料

注目アイテム

最近、フラッシュメモリの低価格化が進行しています。高速・大容量の16GB Class10のSDHCカードが980円で販売されています。1,000円を切ると価格の下落は鈍化するのでもうそろそろ底値ですかね。HDムービー録画機能付きデジカメやHDビデオカメラに重宝しますね。むしろ、データの移動がめんどくさいから買い足し買い足しでSDカードを保存していくやり方もいいかもしれません。私はデータの移動がめんどくさいのでSDカード5枚くらいの写真や動画を撮りためて後から一気にPCに保存するようにしています。フラッシュメモリの良いところを無視しているかのような使い方ですが、ここまで安いとバンバン買い足していく使い方も良いのではないでしょうか?

注目製品

スマホやタブレットでデジカメの写真を観たいと思ったりしませんか?デジカメとスマホが直接通信出来ればいいのですが、その機能を内蔵したデジカメは高いですよね。microSDを差し替えて読み込むのも手ですが、手間がかかりすぎます。そこで上海問屋のスマホ・タブレット用カードリーダーです。ケーブルの先がmicroUSBになっていて直接スマホに挿せます。USBホスト機能を搭載しているのでカードリーダーから直接デジカメ画像をスマホに転送することができる画期的なアイテムです。これがあれば高画質のデジカメで撮った画像を手早くネットにアップすることができますね。1台買っておくと重宝しそうです。