スマートフォン, ドコモ, 白ロム

今月27からご愛顧落ちしたdocomoのスマホが追加されました。ご愛顧割の対象になったスマホは月々サポートが受けられなくなる代わりに端末代金が一気に下がります。ご愛顧落ちする理由は次のモデルが出る予定になっているものが多いです。新しいモデルが発売されると旧モデルは売れなくなってしまいます。そこで旧モデルは価格を下げて売れるようにするわけです。価格が下がると買う人が増えるわけですが、自分で使う人だけではなく転売目的で買う人も増えるわけです。そうすると白ロム価格も下がってくるわけです。今回は2月27日にご愛顧割対象になったdocomo白ロムスマホと中古で人気のスマホを紹介します。

Android, スマートフォン, ドコモ

docomo パナソニック製スマホ、LUMIX Phone P-02D、P-04D、Disney Mobile on docomo P-05Dの3機種のAndroid 4.0アップデートが4月以降に変更されたようです。2013年1月下旬~2月下旬にアップデートとアナウンスされていてディズニースマホP-05Dユーザーの私としては楽しみにしていたのですが、残念です。もう2月26日くらいになった時点で「延期」か「中止」かと思っていたのですが、4月以降って実質中止なんじゃないかと思ってしまいます。WikipediaからP-05Dのこれまでのアップデート履歴を確認してみました。

au, ケータイ, ドコモ, 白ロム

早いもので2月はもうすぐ終わりです。月末といえばケータイの特価販売です。ケータイショップの端末代金が安くなれば、契約が不要な白ロムの価格も下がってくるわけです。2月はdocomo、auどちらともSony Xperia acro HDが大幅値下がりしました。まだ新発売のはずのdocomo Xperia Z SO-02Eも大きく値下がりしたようです。意外と安いと思ったのがdocomo GALAXY S3αです。高性能で人気のある機種なのに4万以下で買えちゃうんですね。安いガラケーが定番化したSH-03EやP-01Eも安いですね。

auは、まだ在庫があるのか?と思ってしまうMOTOROLA Photon ISW11M。SIMロック解除してdocomo, SoftBankで使えるおもしろい機種なのにね。やっぱりAndroid 4.0 ICSアップデートが見送られたのが人気低迷の原因でしょうか。IS12Mが今月になって安売りになったようです。

Android, スマートフォン, ドコモ, 白ロム

docomoの2013年春モデルのフラグシップ機SONY Xperia Z SO-02Eの白ロムが出回り始めたようです。この機種は先日の2/9発売でした。しかしどこの量販店でも売り切れ状態の人気機種です。それもそのはず。7.9mm厚の薄型サイズ。画面は液晶テレビと同じフルHD(1920×1080)、カメラは1310万画素、クアッドコアCPUと2GBのメモリ、バッテリーは大容量の2330mAh(標準的な容量は1500mAh)高速データ通信Xiに対応、おまけに防水、ワンセグ、おサイフ、赤外線、テザリング対応。なんだか死角なし!って感じです。(docomoの無駄アプリを除けば)品薄なのでさぞお高いんでしょう?っと思っていたのですが、うざったいdocomoコンテンツの強制加入や機種変更手数料3,150円(FOMA←→Xi)今の機種の割引を継続して機種変更できる点と定価で77,280円を考えると十分お買い得な価格と言えます。これは欲しくなっちゃいますね。

docomo
発売:
価格: ¥ 78,800 通常配送無料


ドコモ, 白ロム

月末は携帯電話が大きく値下がりする時期です。普通に契約する場合だけで無く白ロムも連動して価格が変わります。つまり月末になると白ロムが大きく値下がりする時期なんです。白ロムだと面倒な月賦支払いが無いし、今使っているケータイの支払いが終わっていなくても端末支払いと割引を維持しつつ機種変更ができるようになります。docomoの場合SIMを差し替えるだけで直ぐに使えるようになるのがいいですよね。通信費が安く済むイオンSIMなどのMVNOを使えることもメリットです。ガラケーも安くで出回ってきているようです。ぶっちゃけ通話だけならバッテリーも長く持つガラケーの方が使い勝手がいいですよね。その他定番の機種やtwitterで安売りをつぶやいている機種を紹介します。

Android, ドコモ

GALAXY Noteを喜んで使っていたのは最初だけ。実は最近までほとんで使っていませんでした。やっぱり意味の無いひっかかりや、全く入力を受け付けなくなって数分して何事も無かったかのようにまた動き出す。docomoアプリを消したりしてもあまり効果が無くイライラしてしまうので、またNEXUSに戻ってしまう訳ですが、カスタムロムを導入することでそのイライラが解消!しかもUIがNEXUS7とほとんど同じ!画面解像度も同じなので使い勝手もNEXUS7と同等と言っても過言では無いです。ドコモ保証を無視して快適な環境を手に入れたければカスタムロムを導入することをオススメします。今回は導入手順を紹介します。

ドコモ, 白ロム

ドコモの新機種が発売されるようになりました。もちろん旧機種は値下げ必至です。これは普通に契約して機種変更する際の機種代金だけはありません。SIMを差し替えるだけで機種変更できる白ロムも連動して大きく値が下がってきました。ドコモで大きく値が下がった機種を中心にお買い得機種を紹介します。

Android, ドコモ, 白ロム

IMG_1771

今年の4月くらいにdocomoでゲットしたSony Tablet S。最近はすっかり置き時計化してしまいましたが、USBホスト機能をサポートしていることを思い出したのでUSBマウスとUSBキーボードを繋いでみました。Sony Tablet Sはタッチの感触がイマイチであまり使っていなかったのですがマウス+キーボードで生まれ変わりました。

Android, ケータイ, ドコモ

docomo GALAXY NEXUS SC-04DのAndroid 4.1のアップデートがつい先日公式に配信が開始されました。しかし、ほとんど同時期にグローバル版GALAXY NEXUSではAndroid 4.2のアップデートが開始されましたが痛いバグが見つかりました。一応、私もAndroid 4.2にアップデートをしましたがバグフィックス版がアップデートされてから本気で使おうと思っていました。気づいたら既にAndroid 4.2.1のアップデートが開始されていたので手持ちのdocomo GALAXY NEXUS SC-04DにAndroid 4.2.1を導入してみました。その手順を紹介します。

ケータイ, ドコモ

先日docomo HW-01Dを契約してゲットしてきました。この機種はキッズ向けのケータイです。通常は登録された相手にしか電話できない代わりに料金を安く設定できるというものです。しかも3歳〜12歳までの子供がいれば今年いっぱいまでの間に契約すると、はじめの6ヶ月は月額0円。その後30ヶ月間は月額390円とかなり安い月額設定になっています。

しかし、登録された電話番号にしか電話出来ないのは不便ですよね。そこで、この月額を維持したまま普通の携帯電話と同じように使える方法を紹介します。