カテゴリー別アーカイブ: 読書

フレームワーク思考力とは?


Amazonでまとめ買いした本の中で『地頭力を鍛える問題解決に活かす「フェルミ推定」』というのがあります。
『第6章「全体から考える」フレームワーク思考力』まで読んだので大切なところをスクラップしておきます。

続きを読む

シェアしよう!

問題解決を効率的に進めるためにフェルミ推定を学習中


Amazonでまとめ買いした本の中で『地頭力を鍛える問題解決に活かす「フェルミ推定」』というのがあります。今頃?と思われるでしょうが、最近フェルミ推定を知りました。今までほとんど本を読まずマンガやテレビ、ゲーム、お酒ばっかりだったのですが、最近になって本を手に取るようになり読書が楽しくなってきました。この本はよくまとめられているのですが、私の記憶容量では記憶できないので読んだところまでスクラップしておきます。

続きを読む

シェアしよう!

ハートキャッチ!コピーライティング心理的テクニック

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「役に立つ22の心理的トリガー」が、思い当たる節が多くとても面白いので抜粋してスクラップしておきます。全て
「なんとなく」知っていたと思っていたことだけれども、一覧にしてみると心理ファクターってかなり多いんですね。プレゼンや面接、自己アピールなど相手に何かを伝えることには心理的な要素が必要不可欠だと思います。伝えるのも人間、聞くのも人間だからです。このテクニックを応用すれば訴求力も上がるのでは?

続きを読む

シェアしよう!

買わずにはいられない!人を惹きつけるコピーライティング22のポイント

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「コピーライティングの秘密」には、『なるほどね』と思わせる反応に差が出る22のポイントが紹介されています。全てとはいえませんがプレゼンや資料作りブログ記事などアピールする場合に応用が利きそうなものが多く含まれると思います。スクラップしておきます。

続きを読む

シェアしよう!

「全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術」で明かすコピーライティングの秘密

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「コピーライティングの秘密」には、いくつかのルールがあります。あぁ、なるほど言われてみればというものや、納得は出来るけど実感がないものまで様々です。後に応用できそうなエッセンスを抽出しやすくするためスクラップしておきます。

続きを読む

シェアしよう!

広告から学ぶ魅力的な文章のフレームワーク

「全米NO.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術」で紹介されている「広告に使われている各要素の目的と定義」を抜粋しました。広告一つとっても分解してみると、おもしろいことがいろいろとわかりますね。広告業界では当たり前なのかもしれないけど、私自身は業界人ではないので、かなりおもしろい構造と定義でした。プレゼンや技術資料などこの考え方を取り入れたら、作るほうや聞くほうも面白くてわかりやすくなるかも。

続きを読む

シェアしよう!

自分の強みを活用する!私の強みの診断と活用法

「さあ、才能(自分)に目覚めよう」で紹介されている「自分だけの特徴的な資質」をストレングスファインダーを使って診断してみました。「強みを活用する」点については本に書かれているようなので必要な部分だけリストアップしてみました。咀嚼することからはじめることにします。


続きを読む

シェアしよう!

自分の才能を明確化する!ストレングスファインダーを試してみました

「さあ、才能(自分)に目覚めよう」で紹介されている「自分だけの特徴的な資質」をストレン
グスファインダーを使って診断してみました。なんだかゲーセンの性格判断占いっぽいのですが、設問数が多い為、かなり当たっていると思います。資質を理解
したうえでどのように才能を伸ばしていくか。それが課題になりそうです。「強みを活用する」点についてはに書かれているようです。早く読みたいところで
す。

続きを読む

シェアしよう!

社会人必見!プレゼンテーションに説得力を与えるワークフロー

「さあ、才能(自分)に目覚めよう」を読んでいる時、よりよい講演者になれる技術を紹介して
いました。これは私を含めプレゼンテーションに場が多いが上手く話せない。どうにか上手く出来ないか悩んでいるような人にも通用するのではないかと思いま
した。自分も含め同じ悩みを持っている人の為にスクラップしておきます。

続きを読む

シェアしよう!

これで解決!かんたんにキャッチコピーが作れる7ステップ

キャッ
チコピー=伝達力

商品を売る場合、お客様のハートをキャッチしないと商品は見向きもされません。商品が物や情報であってもそれは変わらないと思います。たとえ商品を売る立
場に無い人でも自分をアピールする場面は誰でもあると思います。そのような場合、商品を自分自身に置き換えることで自分自身の個性・特徴・売りを整理し主
張する手助けになるのではないかと考えました。キャッチコピーは商品の良さと必要性を伝えることができる、大切なコミュニケーションツールであり伝達手段
だと思います。商品は物・情報・サービス・人と様々です。キャッチコピーり方をうまく応用して主張できるようになることが狙いであり目的です。
このエントリーでは「売り上げがドカンと上がるキャッチコピーり方」竹内謙礼(著)日経済新聞社をベースに咀嚼し組合せた
キャッチコピーの作り方を
7つのステップでご紹介したいと思います。


続きを読む

シェアしよう!