月額料金を節約!イオンSIMをSIMフリーiPhone4Sで使えるようにしました!

イオンSIMはAndroidスマホだけでしか使えないと思っていませんか?iPhoneだってイオンSIMは使えます。今回はSIMフリーiPhone4/4SでイオンSIMを使えるように設定しました。一番の問題点はSIMカードのサイズです。この問題はSIMカードカットで切り抜けました。併せて紹介します。

通常SIMをmicroSIMにカット
bmobileのイオンSIMは通常のサイズなのでiPhone4/4Sに挿すことができません。またドコモのSImのようにmicroSIM (miniUIM)サイズに変更することができません。自分でSIMカードをカットする必要があります。SIMカッターやハサミでSIMカードをmicroSIMサイズにカットしてください。今回はSIMカッターを使ってイオンSIMをカットしました。
IMG_0304
イオンSIMはこのように通常のサイズです。これをmicroSIMサイズにカットします。

IMG_0305
SIMカッターにSIMカードをセットします。SIMカードの向きに気をつけます。一度切ってしまうとやり直しがききません。しっかり確認してからゴロゴリっとカットします。

IMG_0306
簡単にmicroSIMカードサイズにカットできました。余ったSIMカードの残りはmicroSIMカードアダプタとして再利用できます。通常SIMカードサイズで使いたい場合は、くりぬいたmicroSIMカードを余ったSIMカード残りにはめ込んで使います。大切に保管しておきます。

IMG_0313
iPhoneで使うにはモバイルデータ通信設定が必要です。ソフトバンクのiPhoneでは設定項目は表示されませんがSIMフリーiPhoneでは表示されます。ここにイオンSIMでデータ通信できるようにAPNをします。下記のように入力します。

  • APN: dm.jplat.net
  • ユーザー名: bmobile@aeon
  • パスワード: bmobile

IMG_0314
SIMフリーiPhoneはテザリングも可能です。イオンSIMも例外ではありません。「インターネット共有」に上記APN設定と同じ内容を入力します。

IMG_0315
イオンSIMでデータ通信かのうになると画面上に「3G」マークが現れます。これで通信が可能です。iMessageやメール、Web、iCloudが使い放題です。ちなみにアンテナの強度はゼロ表示になります。bmobileのSIMはイオンSIMだけに限らずアンテナ強度が表示されませんが、きっちり通信は可能です。「NTT DOCOMO」や「JP DOCOMO」と表示されていれば問題ありません。

IMG_0317 ちなみにドコモのデータ定額SIMカードを挿すとアンテナ強度はきっちり表示されます。このあたりはイオンSIMとドコモSIMの違いですね。

IMG_0307
通信速度を計測してみました。通信速度は上り下りともに最大100kbpsなのでリーズナブルな通信速度です。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType