TMPGEnc Video Mastering Works 5をレビュー(TSファイル解析)

photo_tvmw5TMPGEnc Video Mastering Works 5

2011年1月12日に販売開始したTMPGEnc 4.0 XPress後継エンコードソフト。 新たにx 264エンコード、H.264 CUDAハードウェアエンコード、タイムラインモード、モザイクフィルタ、トランジション機能を搭載してリリースされました。

今度のバージョンアップでTSファイルの解析機能が搭載されました。TSファイルを日常的に使っていると、どうしても再生できない場合や編集ができない場合、ワンセグだけ抜き取りたい場合があると思います。TSファイル解析ではそれらの要望に答えられる程の解析・抜き取り機能が搭載されました。使い方を紹介します。

img-016

立ち上げ直後で追加ウィザードが開始されない場合、追加ウィザードを開きます。

img-014

「TSファイルを詳細に解析して追加する」を選択します。その後、解析したいTSファイルを選択します。

img-015

解析が終了するとTSファイルのタイトルを選択する画面になります。ここでは再生時間、容量、動画形式、解像度、アスペクト比、音声、字幕が表示されます。これらから欲しいタイトルを選択します。ワンセグの場合解像度は320×180です。CMや本編は1440×1080や720×480の場合が多いです。試しにやってみると部分的に720×480の動画でも動画の先頭部分の解像度として認識している場合もあるのでエンコードする場合には注意です。1440×1080の解像度のつもりでエンコードしても720×480と同じくらいの解像感しか得られない場合が出てくると思います。原因は正しく解析されていないことが原因です。後のアップデートで対応して欲しいところです。とはいっても720×480で保存したい場合にはほとんど影響はありません。少なくても現時点では強力なTSファイル解析機能です。

photo_tvmw5TMPGEnc Video Mastering Works 5

2011年1月12日に販売開始した高画質動画変換ソフトTMPGEnc 4.0 XPressの後継ソフト。 新たにx 264エンコード、H.264 CUDAハードウェアエンコード、タイムラインモード、モザイクフィルタ、トランジション機能を搭載してリリースされました。4年ぶりのバージョンアップで大きく進化した期待のエンコードソフト。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

Sponser Link

コメントを残す

Additional comments powered by BackType