超激安iPhone8,Android対応ワイヤレスチャージャーを使ってみました

IMG_0754 2

Qi対応ワイヤレスチャージャーって高くないですか?

2,000〜3,000円のワイヤレスチャージャーを買うのは勇気が要りますよね。

そんな中Amazonで見つけた超低価格なワイヤレスチャージャーが売っていたので買ってレビューしていきます。

超激安ワイヤレスチャージャー

Amazon___OYAN_スマホ_QIワイヤレス充電器_QI_チー__トランスミッター_ドック_ディスク_置くだけ充電パッド 丸型超薄い_超軽量で持ち運びに便利_USBケーブル付き サムスン_

Amazonで見つけたワイヤレスチャージャー。価格はなんとっ!350円!他社のワイヤレスチャージャーの相場が1,500〜3,000円くらいなことを考えると、圧倒的低価格なワイヤレスチャージャーです。

好奇心半分、怖いもの満たさ半分な気持ちで注文してみました。

 

簡素なパッケージ

Collage_Fotor

パッケージは簡素なものです。Amazonで注文したのですが、中国からの国際便で輸送中に問題があったのか、パッケージが一部潰れていました。
仕様では
入力5V/2A
出力5V/1A
充電効率 76%以上
充電距離 6mm以下
と記載されています。
出力が1Aを謳っているので、1Aまでどの程度近づけられるかがポイントです。後ほど計測器で測定した結果をご紹介します。

 

同梱内容

IMG_0751

パッケージには以下のモノが同梱されています。

  • 充電器本体
  • USB-microUSBケーブル
  • 取扱説明書

充電用のUSB-microUSBケーブルが付属するのはうれしいですね。高電流の充電に耐えられそうな太めのケーブルでした。

USB-ACアダプタまで付いてくると良かったのですが、さすがにこの価格でUSB-ACアダプタは付属しません。

簡易な取扱説明書

IMG_0752

取扱説明書は、ペラ紙一枚になっています。全て英語で書かれていますが、難しい単語では無いです。

簡単にかいつまんで紹介すると、「Qi規格」対応、最大5V1Aの出力、ACアダプタはちゃんとしたものを使うこと、チャージ中はLEDが光ます、光らなかったら置き場所を変えること。といった感じです。

ペラ紙一枚で説明し切っているので取扱は難しく無さそうですね。

 

本体外観 

IMG_0753

これがワイヤレスチャージャー本体です。

白のチャージャーです。周りが透明感の高いアクリルになっていて、ちょっと高級感があります。

中央の白い部分がチャージできる部分です。縁にはゴムが施されていて滑り止めの効果があります。

見た目は安物には見えないですね。

 

コースターのようなチャージャー

IMG_0755

チャージャーは薄くて、ちょっとしたコースターのような形をしています。透明のアクリルが薄さを強調しているみたいです。

 

入力はmicroUSB

IMG_0757

充電の入力はmicroUSBポートです。写真の位置にポートがあります。スイッチ等は無く、電源をつなげれば直ぐに使える仕様になっています。

 

厚みは9.5mm

IMG_0759

厚さを実測してみました。およそ9.5mmで1cmを切る厚みとなっています。この厚みなら持ち歩くのに不自由しません。

久々にノギスで計測しました。固定するのが大変で片手で固定、片手で写真を撮るのが大変でした。

 

重さは70g

IMG_0758

重さをキッチン用のハカリで測定しました。重さは70g軽くて薄くて持ち運びやすいモノになっています。実際に手にとってと、本当にコースターのような大きさ、形、重さになっています。

 

チャージはどんな感じ?

IMG_0761

ワイヤレス充電に対応している懐かしのタブレットNEXUS7 2013で充電を試してみます。

電源をオフにしていましたが、チャージャーに乗せるとタブレットの画面に充電マークが表示されます。しっかり充電されているようです。

 

充電中はLEDが青に光る

IMG_5749

今度はワイヤレス充電に対応しているスマホ、iPhone8Plusで充電を試してみました。

タブレットでは気付かなかったのですが、充電中はLEDが青に光ります。充電していない時は小さく赤に光ります。

LEDの色で稼動状態がわかるのは嬉しい仕様です。

 

出力電流は低め?

IMG_0763

今度は充電中のUSBケーブルに流れる電流値を計測してみました。電源側のUSBポートは最大2.4A出力可能なACアダプタを利用しました。

結果は、測定値0.22〜0.25Aくらいの電流でした、スマホのバッテリー残量を変えたり、電源側を他の高出力対応のACアダプタに変えても電流値は変わりません。

どうやら仕様上、実測の出力電流は0.22〜0.25Aになるみたいです。

 

まとめ

圧倒的低価格の350円。スマホやタブレットのQi規格対応であればしっかりと充電できることがわかりました。充電の速度は一般的なワイヤレスチャージャーと同じ位の出力電流で、充電速度はUSBケーブル接続には劣るものの、他のワイヤレスチャージャーと同じくらいの速度で充電できていました。

一つ難点は、充電中に熱が他のチャージャーに比べて高いように感じます。高いと言っても、持てないような熱さではなく。「お!あったかい!」と言うような暖かさなので問題視するレベルでもありません。

圧倒的コストパフォーマンスなので、試しにワイヤレスチャージャーを試して観たい人にはうってつけだと思います。

私の場合だと、自宅に一つ、会社に一つワイヤレスチャージャーを置いているのでiPhone8Plusはいつもどちらかでワイヤレス充電できるようにしています。ワイヤレス充電は慣れるとケーブルの煩わしさから開放されるので是非導入をすすめたい逸品です。

関連製品

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

Sponser Link

コメントを残す

Additional comments powered by BackType