どこでも映画が観られる!DVDをiPhoneで持ち歩く方法

忙しいと毎日だと、買ったDVDすらも観る暇が無く悲しい思いをしていないでしょうか?私はなかなか買ったDVDを観る暇がありません。iPhoneで映画を観ることを考えましたが、iTunesでは本格的に映画配信をしていません。そこでDVDをiPhoneで再生できるファイルに変換してiPhoneで観ることにしました。今回紹介するDVD CatalystFreeはDVDからiPhone用動画に変換できるソフトです。洋画にも便利な字幕変換機能付きで、しかもフリーソフトです。使い方をスクラップします。

iPhoneのスクリーンショット

準備
まず、DVD Catalyst Freeが必要です。下記サイトからダウンロードしてください。
Tools4Movies,Official home of DVD Catalyst [dcf_install.exe ]

ソフトのインストール

ダウンロードしたファイルをインストールします。


『Next』をクリック


チェックを入れて『Next』をクリック


『Next』をクリック


『Next』をクリック


『Install』をクリック


『Finish』をクリック
はい。インストール終了です。

DVDからiPhone用動画ファイルを作成する

DVD Catalyst Freeを立ち上げます。
デスクトップにショートカットがあるはずなのでそこから起動します。


DVDディスクをPCのドライブに入れて上図のような画面になるまで待ちます。


『Subtitle』は字幕という意味です。
表示させたい言語を選択します。
必ず選んだら『Subtitle』のチェックを入れておくこと。


『Quality』は画質を調節できます。右に調節すれば画質があがります(ただし容量も大きくなります)。
画質と容量はトレードオフの関係にあるので好みで調節しましょう。
とりあえず、最高画質にします。一番右までもっていきましょう。
右までもっていったら『→』マークをクリックします。


変換後のファイルの置き場所を指定します。好みの場所を選択します。
ファイルは映画一本で1.5GBくらいでしょう。空き容量を確保しておきましょう。
選択したら『OK』をクリック。


変換が開始されます。
のんびりと待ちましょう。1時間ちょっとくらいで変換が完了します。


ファイルが出来上がりました。
あとは、iTunesでこのファイルを読み込ませてiPhoneと同期させましょう。

関連サイト

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType