iOS11の古いiPhoneを速度制限させない方法

iPhonexIMGL6593_TP_V4

公式にAppleから衝撃の事実が公表されました。「古いiPhoneは速度制限される」という事実です。真偽や今後の展開はともかく速度が遅くなるのは困ります。そこで、古いiPhoneを速度制限させない方法を紹介します。

古いiPhoneは速度制限される事実

iPhonexIMGL6471_TP_V4

公式にAppleから衝撃の事実が公表されました。以下引用すると。

アップルは2017年1月に配信を開始した「iOS 10.2.1」から、一定条件下でプロセッサの性能を制限する機能を導入したことを認めた。
iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーは、常に同じ性能を発揮するわけではなく、気温が低い環境やバッテリー充電が十分でない場合、あるいは長年使うことによるバッテリーの経年劣化によって、十分な電力を供給できなくなる。
そうした環境下で、大量の電力需要、すなわちプロセッサに最大限の負荷がかかる処理を行おうとすると、電子部品を保護するためにデバイスが突然シャットダウンする恐れがある。

アップルは、頻繁にシャットダウンすることは、顧客体験全体の低下を招き、またデバイスの寿命に影響すると考え、そのためiOSに、プロセッサの性能を引き下げて大量の電力需要を発生させない仕組みを取り入れた。

iPhoneユーザーが苛立つ「速度制限」の正体 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今まで、iPhone3GSから数えて10台以上のiPhoneを使ってきた私の感覚的には、「やっぱりそうだよね。」といった感想です。しかし現実問題として速度制限をされると困るのはユーザーなんです。そこで古いiPhoneでも速度制限されな方法を紹介します。

iOS 10.2.1にアップデートしない

iPhonexIMGL6193_TP_V4

速度制限はiOS 10.2.1以降に適用されるようです。つまりiOS 10.2.1にアップデートしなければ大丈夫なはずです。

iOS 10.2.1は2017年1月にリリースされていますが、たまたまアップデートしてなかった人は、アップデートは控えましょう。(既にリリースから一年が経つのにアップデートしていない人は少ないかも)

バッテリーは十分に充電しておく又は新品に変える

iPhonexIMGL6633_TP_V4

iOSのアップデートを既に済ませてしまっている人は他にも手があります。それはバッテリーの状態です。速度制限はバッテリーの残り残量や劣化によって引き起こされるようです。

できることは、バッテリーの充電をいつも十分になるように常に気を配ること。またはバッテリーを交換することです。iPhoneのバッテリー交換は8,800円でできます。

iPhone 修理サービス料金 – Apple サポート

気温が低い環境で使うのを控える

iPhonexIMGL6185_TP_V4

バッテリーや電子デバイスは温度低下の影響で性能が下がります。(もちろん高温多湿環境もダメですが)iPhoneも同じように気温が低い環境で使用するのは控えたほうが良いようです。

今後の展開に注目

sayapon20151005402218_TP_V4

Appleはシャットダウン対策と言っていますが、古いiPhoneの性能を落として新しいiPhoneに乗り換えやすい環境にしたいのではないかといった疑念があります。

また、海外では性能低下に対して裁判沙汰にまで発展しているようです。

今後はiOSのアップデートで速度制限が解除される可能性もあるので注目していきます。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

Sponser Link

コメントを残す

Additional comments powered by BackType