めっちゃ接写!ワイド!AUKEYスマホレンズ3in1をレビュー

スポンサードリンク

Aukey 3in1 camera edited 1 022017 114124 pm 32768572660 o

最近のスマホやタブレットのカメラの性能は高画素化が一服し、各社性能的には横並びの状態になってきました。多機能・高性能なアプリも登場しているので様々な加工も可能になりました。しかし、カメラだけの製品比べるとスマホには実現が難しい機能が多くあります。その中でも特殊なレンズを使った撮影は困難です。今回はAUKEY社製のスマホ用外付け魚眼、マクロ、広角レンズ3in1ををご紹介したいと思います。

外観

https://i1.wp.com/farm3.staticflickr.com/2593/32610092250_32c5c508ce_n.jpg?resize=320%2C240&ssl=1

パッケージ外観は海外のメーカーらしく質素になっています。簡素なパッケージは好感が持てます。ゴミが少なくなりますからね。

https://i1.wp.com/farm3.staticflickr.com/2609/32991757655_f50eccf8dd_n.jpg?resize=320%2C240&ssl=1

開梱するとサポートシート、取説、本体が入っています。説明書はこの程度で十分ですよね。

https://i2.wp.com/farm3.staticflickr.com/2473/32991764885_2eacfea30b_n.jpg?resize=320%2C240&ssl=1

中を開けるとレンズキットの他にカラビナやレンズクリーナーが入っています。ケースの内側には内ポケットがあるのでそこに入れておけます。レンズキットはスポンジをくり抜いた形のところに収めるようになっています。

https://i2.wp.com/farm3.staticflickr.com/2423/32950480826_485488e30a_n.jpg?resize=320%2C240&ssl=1

固定クリップ、レンズが3つはいっています。写真では一つのレンズに2つのレンズを重ねて取り付けている状態です。ケースには2枚重ねて収納することになります。

取り付け方法

IMG_5526

手持ちのGalaxy Note3へ取り付けてみます。クリップのレンズ穴の中心にスマホのレンズを持ってくるように位置合わせをします。この方が撮影した映像にズレが抑えられるのでしっかり位置合わせをしておきましょう。

IMG_5528

ここからレンズを取り付けます。レンズクリップのレンズ穴にレンズをネジのようにくるくる回して取り付けます。取り付けた後にレンズカバーを取り外し装着が完了です。レンズカバーは小さくて無くしやすいのでポケットや付属のケースにしまっておき、紛失しないように気をつけましょう。

IMG_5529

装着後はこんな感じです。ちょっと不格好ですが、これで魚眼、マクロ、広角撮影が可能になります。

試し撮り!

20170219_165707_5丁目

まずは、何も使わないカメラの画像です。Galaxy Note3もわりと広角撮影が可能です。撮影範囲はこんな感じです。

20170219_165529

「150°広角レンズ」だと更に撮影範囲が広がります。150度の範囲に拡大するのでレンズなしに比べてその場所の雰囲気をより伝えやすい写真を撮ることができます。自撮り撮影では集合写真が撮りにくい車内や部屋の中などの狭い場所でも簡単に撮影することができます。ただ画面端はレンズの影響で歪がでるのは広角レンズの特徴です。

20170219_165413_5丁目

「198°魚眼レンズ」は広角レンズより更に撮影範囲が広がります。視界の以上の範囲を撮影することができます。魚眼レンズは特殊でスマホでは標準で搭載されている機種はほとんどありません。アプリで写真を加工することで、魚眼レンズ風の写真にすることはできますが、あくまでも魚眼レンズ風なので広範囲の撮影ができるわけでは無いのは気をつけたいところです。画像の歪が大きくなるので味のある写真ができます。画面端は黒くなってしまうのは魚眼レンズの仕様で毛カメラ用のレンズでもこうなっちゃいます。仕様として捉えましょう。

IMG_3840

次はマクロレンズです。iPhoneの画面を撮影しています。高精細な液晶のドットが見えるくらいまで寄って撮影することができます。マクロレンズは被写体へギリギリまで近づいて撮影することになります。ここまで高精細なマクロ撮影はスマホの標準機能で困難です。

IMG_3843

マクロの写真をもう一枚。こちらはiPhoneの時計アプリの撮影画像です。秒針のドットが見える程高精細な拡大写真を撮ることができます。

スマホでお手軽特殊撮影

一眼レフカメラで魚眼、マクロ、広角レンズはそれぞれ数万もする高価なレンズです。なかなか手が出ないですよね。でもスマホ用レンズなら低価格で入手できるのでお手軽に試すことができます。私は魚眼とマクロレンズは初めて使う機会でした。スマホには無い撮影機能を使えるのは、自分のスマホでもここまで撮影ができることが発見できるのは衝撃した。他社製品が2〜3千円くらいでAUKEYの製品だと3種類入って1,600円くらいなので、ちょっとお試しで使ってみるには良い製品と価格帯だと思います。

実は最近は各社続々とスマホ用広角レンズを出してきてるようです。やっぱりセルフィー撮影が増えてきて需要が増えてきたのが背景なんでしょう。これまでスマホ用レンズは敬遠してきましたが、意外に良く撮れているし面白いのでちょっと興味ある方は安いものを最初に使ってみることをおすすめします。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

Additional comments powered by BackType