【Wi-Fi通信を安定化する方法】余計な電波から遠ざける!

LIG_h_agentiphonekamu_TP_V

お久しぶりでございます。そろそろブログ更新を再開していきます。よろしくお願いいたします。

今回はWi-Fi通信の安定化について、ご紹介したいと思います。今後シリーズで掲載予定です。

PC、タブレット、スマホなど様々なデバイスにWi-Fiが搭載されるようになり、コンビニをはじめ様々な場所でWi-Fiが利用されるようになりました。通信機器が多くなってきた影響なのか、時々Wi-Fi通信が安定しないことはないでしょうか?例えば、反応が遅い、動画の読み込みが遅い、通信が必要なゲームの反応が遅い等です。そんなときはWi-Fi環境の安定化を試してみてはいかがでしょうか?

通信妨害機器を遠ざける

Wi-Fiは電波を使った通信です。電波は目には見えませんが多くの電波が飛び交っています。通信の妨げになるような電波が混在すればうまく通信することができません。そこで電波を発生する機器をWi-FiアクセスポイントやWi-Fiルーターから遠ざけることで通信妨害を軽減することができます。

電波を発生する機器の例としてWi-Fiルーターやアクセスポイントはもちろんのこと、電子レンジ、コードレス電話、ワイヤレススピーカー、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、Bluetooth機器等、様々なものがあります。何気にWi-Fiの近くにワイヤレス機器は多いのではないでしょうか?これらの機器を出来るだけ遠ざけるようにしましょう。たったこれだけでW-Fiが途切れるのを抑えたり、通信速度の向上、応答速度の向上が望めます。試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Additional comments powered by BackType