やっぱりイイ!ボタンを押してアプリ起動!「i-click」が便利!

Xperiaだったらカメラ用のボタンがあります。Galaxyならホームボタンがあります。でもNexusシリーズはカメラボタンやホームボタンがありません。Android端末ってボタン一つをみてもに個性がありますよね。Xperia慣れしているとカメラ起動はカメラボタンが超絶便利です。GalaxyだとホームボタンがあるとiPhoneに似た物理ボタンの安心感があります。Nexusシリーズだとボタンが無くてなんだか不便なんですよね。

そこでイヤホンの穴に挿すボタンが便利です!このボタンはボタンを押すだけでカメラが起動したりホームボタンを押したり特定のアプリを起動することができます。

今回買ったのはHanyeTech製の「i-click」です。「i-key」とか「i-Button」のように似たような製品がありますが(どれがオリジナルかわかりません)、この製品の特徴は「安さ」です。500円くらいで買えちゃいます。実際使ってみましたが、けっこうしっかり作っている印象です。さっそく使ってみましょう。

パッケージ内容はスゴくシンプル!

DSC_0055

品物はこちら。ちょっと大きめの封筒っぽいもので包装されて送られてきました。

DSC_0056

取説と品物を取り出しました。取説はただの名刺サイズのカードですね。

DSC_0057

品物はこちら。黒いのはボタンケースとイヤホンケーブルに取り付けておくためのモノです。「i-click」は小さいので落としたら大変です。専用のケースを準備してくれるのはうれしいですね。

DSC_0059

取説にインストール方法が書いています。しっかり「日本語」表示です。Playストアから「iKey」をダウンロードすれば使えそうです。

DSC_0058

こちらが「i-click」ほんとイヤホンの先っちょだけ!って感じの大きさ。小さいです。

DSC_0060

Galaxy Note3のイヤホンジャックに「i-click」を挿してみました。全然目立たないですね。

Screenshot_2014-07-28-21-45-29

あとは「iKey」をインストールして、表示されるメッセージに答えていくだけで直ぐに使えるようになります。

ボタンの機能は10種類

DSC_0064

あらかじめプリセットされているボタンの機能は「写真を撮る」「録音する」「録画する」「ライト」「メモリをクリアする」「Powerボタン」「Homeボタン」「電話をかける」「メッセージを送る」「アプリを起動する」の10種類です。割り当てない「未設定」もあります。

「写真を撮る」ではあらかじめセットしておいた画像サイズでバシバシ写真をとっていきます。ちなみにNexus7 2013で使ってみたところバシバシ撮れていました。しかも「シャッター音が鳴らない!」。

「電話をかける」では特定の番号を登録しておくと一発で電話を掛けることができます。

「アプリを起動する」はインストールされているアプリの中から一つを選んで起動することができます。

ボタンの押し方は4種類

DSC_0061

ボタンの押し方で機能を選べます。ボタンの押し方は「シングルクリック」「ダブルクリック」「3回クリック」「長押し」の4種類です。写真の例では「ライト」「録画する」「録音する」「メモリをクリアする」を割り当ててみました。

DSC_0062

今度は使いそうなアプリを割り当ててみました。「Evernote」「Dropbox」「 録音する」「Google検索」です。いつも使うアプリがボタンで起動できるようになります。

DSC_0063

今度はソッコーゲーム起動を割り当ててみました。やりたくなったら即起動できますね。

アプリをスマートに起動したい人にオススメ!

やっぱりこのアイテムのいいところはボタン一つで良く使うアプリをサクッと起動できるスマートさではないでしょうか。これまで画面を点けて、タッチしてアプリを開いてましたが、タッチの動作をボタン一つで代用できれば結構ラクですよね。たったこれだけの手間が省けるだけでも悪くないと思います。ついでにイヤホンの穴っていろんなゴミが詰まりやすいですよね。メタリックなキャップとしても悪く無い感じです。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType