最大はヤメて!実測で勝負して!スマホ通信速度が実効速度表記に!?

どうやらスマホの通信速度で理論値から算出される最大速度ではなく実効値による表記が話題に上がっているようです。実際、最大何百Mbpsと言われても実際測ってみると全然たいしたことなかったりします。(特にドコモ)確かに人の混み具合で通信速度が変わるのは当たり前ですが何も無いよりずっとましのような気がします。高速通信を謳っておきながら3G程度の実行速度なんてこともめずらしくありません。(特にドコモ)。ケータイのエリアマップに実行速度の分布をプロットするとおもしろくなりそうですね。100Mbps帯、50Mbps帯、10Mbps帯なんて色分けされて各キャリアで競い合ってくれたほうがユーザーのメリットになりますね。これはどんどん推し進めて頂きたい!

参考サイト

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

Sponser Link

コメントを残す

Additional comments powered by BackType