目が疲れるよ!話題のブルーライトカットメガネZoff PCをオーダーした理由

朝起きてテレビ観て、出勤中スマホ見て、会社でパソコン見て、帰宅中にスマホ見て、帰ってテレビ見て、PCの画面を見て。。。いったいどれだけLEDバックライトを使った製品をみているんだろう?ほとんど一日中画面を見ているような気がします。私の昔からの悩みで眼精疲労があります。なんとかしたいと思っていましたが今まで使っていたものを使わなくするのって大変ですよね?そこで最近話題になっている青色光軽減メガネをオーダーしました。比較したのはJINS PCZoff PCの2製品です。結果的にZoff PCを選んだのですが選んだ理由をまとめました。

ブルーライトカット率

スクリーンショット 2012-11-12 0.02.24

LED製品の白色は青色LEDの光源と黄色の蛍光体により擬似的に白色を再現しています。赤色と緑は光らないので、もともと青色成分が多いんです。青色LEDは色の3原色のなかでも最も波長が短く、近年高輝度化が著しい製品で、最も目へのダメージが大きい波長です。この成分をカットできれば目の疲れは軽減されます。確かに理にかなった製品と言えます。

Zoff PCとJINS PC

ブルーライトカットできる製品を出している比較的メジャーなのはこの2社。JINS PCは選ばれているパソコンメガネNo1を謳っています。確かにレビューが多く、度無しメガネならAmazonで買えるほど買いやすい製品です。足を運べる範囲に2社があり、かなり迷いましたが、最後はZoff PCにしました。

ブルーライト軽減率

両社とも最大50%軽減を謳っていますが、実際はどうでしょうか?分光透過率測定器で比較すればいいのですが、そんな高価なものは手元にありません。そこで、雑誌の特集を参考にちょこっとだけカット率の高いと言う結果があったZoff PCが優勢。

最大50%のものは色つきメガネ

最近では透明タイプのパソコンメガネがでてきていますが、私は最大50%カットタイプの色つきメガネを選択。だって最大の効果を試したいじゃないですか!ただし、若干オレンジがかった色になるので人の印象を変えてしまう恐れもあるので注意が必要です。相手の印象まで変えたくなければ透明タイプを選ぶのが吉です。私の場合若干怖そうなおっさんに見られる程度なので、まぁ問題無いでしょう。あとは見た目の色。若干オレンジがかった景色になるので色にシビアな仕事や生活の場合注意しておく必要があります。

軽くて壊れにくいZoff SMART

フレームは相手に対しての印象を左右するので慎重に選びたいところ。ZoffではZoff SMARTというフレームが選べます。重さは8.5gです。軽い!その上、くにゅっと曲げても壊れない特殊素材のプラスチックを使っています。これを実際にかけてみるとびっくり!軽すぎる!正直おもちゃかと思いました。おそるおそる、くにゅっと曲げても元に戻るので、新素材スゲー!

選んだのは度付きブルーライトカットレンズ+Zoff SMART

Zoff PCのレンズは同社のどのフレームにも取り付け可能ということでレンズ+フレームセット品では無く別々に選んでオーダーしました。Zoff SMARTフレームがおよそ1万円。ブルーライトカットレンズがおよそプラス5千円。あわせて1万5千円です。

価格は高いか?安いか?

最近は安さを売りにした低価格メガネ専門店が一般化しているので5千円くらいでレンズフレームセットが買えたりします。それに対して今回は1万5千円を支払いました。これは高いでしょうか?単純に価格だけ見れば高いです。しかし、目の疲れを軽減できれば肩こりなどのリスクが減らせるので体への負担が軽減できます。メガネを軽くすることでも疲れを軽減することができます。LED製品があふれている生活の中で目の負担軽減の効果は大きいと思います。今回は効果への期待が大きいので紹介しました。できあがるまで10日くらいかかるらしいです、早く使って試したいところです。

JINS PCはAmazonでも買える手軽さがイイね!

度が入っていないJINS PCブルーライトカットメガネならAmazonでも買えます。なんという手軽さ!しかも安い!ブルーライトカットメガネが気になっている人は安いのを一つ買ってみて試してみてから本命を買うのも一つのやり方ですね。

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

コメントを残す

Additional comments powered by BackType