au白ロムスマホ購入時に注意!SIMフリー機とROM機とSIMロック機の違いを知ろう!

iPhoneを取り扱うようになって私も含めてauを使っている人も多いと思います。しかしauを使い続けると問題になってくるのが機種変更時の機種代金の高さ。auは既存ユーザーを大切にしないので機種変更時の端末の値段は高いです。ほとんど定価です。そこで注目されるのが白ロムケータイです。白ロムは人気により価格が変動します。新しい機種が搭乗すれば価格が一気に下がります。安く機種変更するなら白ロムが一番です。しかし、auの白ロムはドコモと違ってSIMカードを差し替えるだけで使えるものとそうでないものが存在します。ほとんどの機種はSIMを差し替えるだけでは使えるようになりません。そこでSIMを差し替えるだけで使える機種を中心にタイプ別に機種を紹介します。

auのSIMは au ICカードという

今までSIMカードと言っていますがauの場合SIMのことをau ICといいます。しかしauショップでSIMカードと言っても店員に通じるのでここではau ICカードのことをSIMと呼ぶことにします。

auのケータイは3種類

auで取り扱う機種はSIMカードの取り扱いで大きく3種類に分かれます。

au SIMロック機

auはドコモやソフトバンクとは違って、通常、SIMカードを差し替えるだけで使えません。これをau SIMロックといいます。今まで発売されたほとんどの機種はこのロックが存在します。このロックはauショップで解除して新しい機種に乗せ替えることができます。しかし手数料2,100円が必要なのが痛いところです。

au SIMフリー機

auケータイでSIMカードサイズならSIMカードを差し替えるだけで新しい機種を使えるようになります。一番取り扱いやすい機種です。ほとんどが海外製のスマホに採用されています。

au ROM

3G世代のケータイだけどSIMカードを使わずにケータイ本体に直接番号を書き込んで通話や通信ができるようにしている機種です。自分で簡単に機種変更できないので必ずauショップで手続きをする必要があります。

au SIMフリーはauだけでしか使えない

ドコモやソフトバンクは海外製のSIMフリーケータイを買ってくればSIM差し替えで使えるようになりますがauの場合そうはいきません。auから発売された機種でしか使えないんです。au SIMフリーはau内SIMフリーということになります。ここでは便宜上au SIMフリーと呼ぶことにします。ぶっちゃけSIMフリーじゃないよね。

au ICを入れ替えるだけでOK!SIMフリー機

auのSIMであれば自由に入れ替えが可能な機種です。オークションや中古で買ってきても手持ちのSIMを差し替えるだけで直ぐに使えるようになります。

パンテック&キュリテル
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 5,900 通常配送無料
パンテック&キュリテル
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 9,100 通常配送無料
ソニー・エリクソン
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 21,700 通常配送無料
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 10,700 通常配送無料
Samsung
標準SIMサイズ
3G+WiMAX通信対応
価格: ¥ 21,300 通常配送無料
LGエレクトロニクス
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 34,800 通常配送無料
Motorola
microSIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 26,000 通常配送無料
Sony
標準SIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 30,000 通常配送無料
HTC
標準SIMサイズ
3G+WiMAX通信対応
価格: ¥ 33,800 通常配送無料
アップル
microSIMサイズ
3G通信対応
価格: ¥ 35,000 通常配送無料

手続きは面倒だけど機種変更手数料無料!ROM

au ショップに持ち込みでないと機種変更出来ない機種。ただしこれらの機種だけは機種変更手数料2,100円がかかりません。SIM機→ROM機、またはROM機→SIM機どちらとも手数料が不要です。

HTC
ROM機
3G+WiMAX通信対応
価格: ¥ 9,100 通常配送無料
HTC
ROM機
3G+WiMAX通信対応
価格: ¥ 9,500 通常配送無料
Motorola
ROM機
3G+WiMAX通信対応
価格: ¥ 13,800 通常配送無料

ROM機を使って手数料0円機種変更

ROM機はauショップで手続きの手間がありますが、手数料0円のメリットがあります。それをうまく使うことでSIMロック機であっても手数料0円で機種変更することができます。例えば、通常で持ち込み機種変更では下記の手順の場合手数料が発生します。

  • SIM機→(有料)→SIMロック機 (有料2,100円)

しかし、ROM機を経由すると手数料が発生しません。

  • SIM機→(無料)→ROM機→(無料)→SIM機(無料0円)

このあたりにROM機の利便性があります。機種変更に手間はかかりますが、お金は不要です。au を使い続けるなら一つは持っておきたいですね。

SIMカードサイズは3種類

SiMカードのサイズはドコモ、ソフトバンク同様に3種類あります。

標準SIMカードサイズ

ガラケー含めてほとんどの機種で採用されているSIMカードのサイズです。サイズはドコモ、ソフトバンク、au共通です。ドコモはUIMカード、ソフトバンクはSIMカード、auはau ICカードと言うようです。

microSIMサイズ

iPhone4以降で採用されはじめた標準SIMカードより一回り小さめのサイズのSIMカードです。iPhone4/4Sだけではなく他の機種でも採用されています。ドコモではmicroUIM、ソフトバンクではmicroSIM、auではmicro au ICと呼んでいるようです。

nanoSIMサイズ

現時点ではiPhone5に採用されているSIMカードのサイズです。microSIMよりも更に一回り小さいサイズのSIMカードです。

microSIMと標準SIMカードは入れ替えられる

microSIMと標準SIMカードはサイズが違う為、ケータイのSIMカードスロットに固定できません。しかしアダプタやSIMカッターを使うと入れ替えが可能になります。一つ持っておくと機種変更がラクにできるようになります。

 

NOOSY
発売:
価格: ¥ 300 通常配送無料

 

nobrand
発売:
価格: ¥ 116 通常配送無料

投稿者プロフィール

さくらじま
さくらじまマイスクラップブック管理者
千葉在住の半導体エンヂニア。趣味は写真や動画、そのほか生活を便利にするデジタルガジェット等のレビューをしています。最近はゲーム実況はじめました。YouTubeでゲーム配信やってます!最近はスプラトゥーンやオーバーウォッチやってます。 私の強みは、分析思考、内省、個別化、着想、収集心。
シェアしよう!

au白ロムスマホ購入時に注意!SIMフリー機とROM機とSIMロック機の違いを知ろう!」への3件のフィードバック

  1. au歴2年5ヶ月

    はじめまして、

    現在、auのIS11SとIS01の2台持ちで、他社プロバイダーのWIMAXでWi-Fi運用しています。auからデーター通信料を不当に請求されたりして、嫌気がさしていたのですが、大変有用な情報を提供して頂き感謝しています。

    今までsimのことなど「鍵」程度にしか考えていなかった私ですが、貴殿のご説明で新たな活用法を見出した気がします。
    早速、白ロム機ISW12HTを手に入れるべき、大阪日本橋にある「でんでんタウン」に明日出かけようと思っています。

    ありがとうございました。

    返信
  2. ぬぬ

    白ロムとSIMフリー、なんか勘違いしてる。
    白ロムはSIMカードを刺して無いだけの意味
    SIMフリーとはSIM(ロック)フリーのこと
    キャリア3社は、どこも最初はSIMフリーじゃありませんよ。
    購入後6カ月でロック解除できるってことです。
    またこれとは別にAPNロックというものがあって、ドコモはこれもSIMロックは解除してもAPNは解除しません。
    だから他社によってはテザリングができません。
    またこれとは別にソフトバンクもテザリングには独自ソフトを噛ませるために、テザリング不能です。
    APNもSIMロックも解除できるのが、唯一auだけなんです。

    返信
    1. さくらじまさくらじま 投稿作成者

      ありがとうございます。もう一度整理してみますね。

      返信

コメントを残す

Additional comments powered by BackType